消費税増税の対策!!「キャッシュレス・ポイント還元事業」5%還元のポイント還元制度を徹底攻略!!

消費税増税の対策!!「キャッシュレス・ポイント還元事業」5%還元のポイント還元制度を徹底攻略!!

目次

おはようございます!sasasanです!

遂に2019年10月1日に「消費税率引き上げ」がスタートします。

それに伴った政策としてキャッシュレス・ポイント還元事業が始まるってご存じですか?

消費税が8%から10%に引き上げられるのですが、その代わり支払いをキャッシュレス決済で行うと最大で5%ポイント還元を受けられるシステムです。

つまり消費税率は10%に引き上げられてしまうけれど、ポイント還元を活用してショッピングするだけで実質税率5%にすることができちゃうんです。

増税はすでに決定してしまったことなので仕方ありません。

しかし期間限定ですがポイント還元があるので、しっかりと仕組みを理解して取りこぼしなくポイントを獲得していきましょう!

本日のポイント

  • キャッシュレス・ポイント還元事業とは?
  • ポイント還元をしっかり受け取る方法
  • ポイント還元対象外の商品もあるのか?
  • ポイントが還元されるタイミングはいつ?
  • 付与されるポイントの上限はあるのか?

本日はキャッシュレス・ポイント還元事業の基本的なことを紹介しつつ、どうやればポイント還元をお得に受けることが出来るのか?という詳細ルールについて徹底解説したいと思います。

増税は痛いけどポイント還元をうまく活用しましょう!

 

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)は、国内のキャッシュレス化を促進するための政策となります。

10月1日に実施される消費税率引き上げに付随して開始されるサービスです。

中小・小規模店舗と消費者の両方にメリットを与えて、キャッシュレス化を推進する事業となります。

キャッシュレス決済で最大5%のポイントバッグが受けられる仕組み

ポイント還元事業とは、私たち消費者が対象の店舗でお買い物をするときに、キャッシュレス決済を利用して支払いをすると、利用額に応じて最大5%還元が受けられる仕組みです。

最大5%と表記されている理由は、すべての店舗が一律5%というわけではなく、事業形態によって5%還元2%還元かに分かれるからです。

キャッシュレスでの支払いは各店舗で行いますが、ポイントを還元してくれるのは利用したキャッシュレス決済事業者から還元を受けます。

キャッシュレス決済事業者にはポイント相当分の補助が政府から出ており、また中小小売業者にはキャッシュレス決済導入にまつわる様々な優遇が施されています。

つまり、消費者・中小小売業者・キャッシュレス決済事業者がどこも損をしない仕組みの中、キャッシュレス決済の普及を目標とした政策というわけなんです。

国の政策の一環だから安心して利用できちゃうよね!

 

キャッシュレス・ポイント還元は2019年10月~2020年6月の期間限定!9か月間!

このキャッシュレス決済によるポイント還元事業、実はずっと続くものではありません。

国の政策の一環で期間が決まっているんです。

その期間は2019年10月1日~2020年6月30日(9か月間)です。

消費税が10%に上がる今年の10月から9カ月間の限定的な事業なので、この時期にしっかり仕組みを理解して賢くポイント還元をしてもらいましょう!

ポイント還元されるキャッシュレス決済はたくさんあります

今回のポイント還元事業、政府がキャッシュレス決済の普及を目指していることもあり、非常に数多くのキャッシュレス決済事業者が対象となっています。

  • クレジットカード
  • 電子マネー(交通系)
  • 電子マネー(交通系以外)
  • QRコード決済マネー(〇〇Pay)
  • 決済代行業者

など、マークを見るだけでも普段から見慣れているものが多いのではないでしょうか?

普段から利用しているもので、キャッシュレス決済するだけで5%や2%が還元されるので、実は今回のポイント還元事業はかなり使える事業になっているんですよ!

 

Amazonや楽天などオンラインショップでも還元される!

また今回の政策素晴らしいところは、実店舗だけでなくオンラインの店舗でも政府の認定を受けた店舗を選ぶことでポイント還元を利用することが可能なんです。

普段よく利用する楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどに出店している認定店舗からのお買い物も、クレジットカードのキャッシュレス決済利用でポイント還元が受けられます。

代金引換や銀行振り込みなどのキャッシュレス決済以外ではポイント還元は受けられませんので、必ずクレジットカードなどのキャッシュレス決済を利用するようにしましょう。

簡単に言っちゃうと現金は損!!
キャッシュレスで支払えばお得になるんです!

 

キャッシュレス・ポイント還元事業でポイント還元を受ける方法とは?

実は今回のポイント還元事業では、ポイント還元を受けるために消費者が事前に何か登録をする必要はありません。

特別な登録をしなくても、ただキャッシュレス決済をするだけで還元を受けることが出来るんです。

ただし、事前準備というものが必要となってきますので個別に紹介していきますね!

キャッシュレス決済ができる準備を行う

還元を受けるための特別な登録は必要ありませんが、キャッシュレス決済を行った場合が対象となります。

まずはキャッシュレス決済方法を準備しましょう。

ポイント還元事業の対象キャッシュレス決済事業はHPより確認することが出来ます。

  • クレジットカード
  • WAONやSuicaなどの電子マネー
  • 〇〇Payなどのスマホ決済マネー

など様々なキャッシュレス決済業者が対象となっています。

実は月々のポイント還元上限額が各事業者によって設定されていますので、複数の支払いパターンを用意しておくことをおすすめします。

 

キャッシュレスマークがついたお店でキャッシュレス決済を行う

ポイント還元事業が始まったら、上の赤いキャッシュレスマークがついたお店を利用し支払いをキャッシュレス決済を行いましょう。

支払い時は今まで通り普通に行うだけでOKです。

キャッシュレス決済を行うことで自動的に還元ポイントが計算されて、即時や事業者毎の期間を過ぎてからポイントが付与されます。

いつも通りキャッシュレス決済するだけでポイントが還元されるのは嬉しいですね!

ポイント還元率は対象ショップにより還元率が異なります

また還元ポイントは、利用した金額(原則税込み金額)にショップ毎の利率をかけたポイントが還元されます。

5%還元対象と2%還元対象の店舗があり、それぞれ下記のような分類になっています。

5%還元となるお店…中小・小規模店舗

5%還元となる店舗は、中小・小規模店舗が対象となります。

中小・小規模店舗の定義が難しいところですが、複数店舗を出店している会社でも経済産業省が定義する条件に当てはまれば5%還元対象となっています。

5%の還元が受けられる店舗は、先ほどのキャッシュレスマークの下に5%還元と記載されているのでそちらを目印に利用してください。

2%還元となるお店…フランチャイズチェーン店・ガソリンスタンド

2%還元の対象店舗は、コンビニエンスストアやハンバーガーショップなどのフランチャイズチェーン店や、ガソリンスタンドが対象となります。

コンビニやファストフード店舗、ガソリンスタンドの利用は2%還元で覚えておきましょう。

注意!キャッシュレス決済でもポイント還元対象にならない商品もあります!

キャッシュレスで決済してもポイント還元の対象とならない取引ももちろんあります。

具体的には下記のようなものがポイント還元対象になりません。

  • 有価証券、郵便切手類、印紙、証紙、物品切手など(商品券・プリペイドカードなど)
  • 自動車(新車・中古車)の購入
  • 新築住宅の購入
  • 宝くじなどの公営ギャンブルの購入
  • 収納代行サービス、代金引換サービスに対する支払い
  • 給与、賃金、寄付金など

商品券やプリペイドカードの購入や、宝くじを購入する際にはポイント還元対象にならないので注意が必要です。

また、大きな買い物となるため自動車や住宅の購入にポイント還元制度が利用できたらいいのですが、こちらも対象とならないので気を付けてくださいね。

 

還元を受けたポイントはいつ還元される?貰える上限はあるの?

キャッシュレス決済を利用して貯まるポイント、それではいつ還元されるのでしょうか?

また、還元されるポイントに上限があるのでしょうか?

ポイント還元方法や上限は各キャッシュレス企業により異なります

実はすぐにポイントが付与される事業者もあれば、1~2カ月後に付与される場合もあります。

ポイントとして還元される場合は、引き落とし時にポイント相当分を引いて相殺される場合など実は事業者によって様々なんです。

また、ポイント還元の上限価格も事業者によって異なります。

多くの事業者が1カ月上限15,000円相当を採用しており、9カ月間のトータルで上限を設けている事業者もいたりと様々です。

ですので、実際に利用する際には自分で利用したい事業者の条件をチェックしておきましょう。

ポイントが還元される方式は大体下記の4種類になります。

1.ポイント付与方式

決済額に応じた5%分ないし2%分を、ポイントとして受け取れるのがポイント付与方式です。

例えばLINE Payはこの方式を採用しており、LINE Payボーナスとして支払い時に即付与されます。

上限は最大3万円/月と、他の業者と比べても額が大きい還元を受けられるようです。

ただ残念ながらLINE Payボーナスは、支払いに利用したりお友達に送ることは出来るけど他のポイントに交換したり現金化することは出来ません。

「陸マイラーとしてはソラチカルートに利用できたら最高なのに!」

2.即時充当方式

お買い物をする際に、即時購買金額に応じたポイント相当額を充当する方式です。

支払い時に充当されるので、わかりやすいのが特徴ですね。

Origami Payがこの方式を採用しており、支払い時にOrigami Payの割引額にポイント還元相当額の割引が上乗せされて支払いが行われる予定です。

この方式を採用しているキャッシュレス方式はあまり多くはなく、基本的に後からあるいは即時にポイントとして付与する方式が多いです。

 

3.引落相殺方式

利用金額に応じた金額を口座から引き落とす際にポイント相当額を引き落とし金額と相殺する方法です。

例えばspgアメックスやANAアメックスの母体会社である、アメリカン・エキスプレスカードはこちらの方式を採用しています。

アメックスは、1ポイント1円として自動的に利用代金に充当(引き落とし金額と相殺)という形をとる予定のようです。

還元されるタイミングは、カードで支払った分の請求が届いた翌月以降。

還元ポイントの上限は期間中の合計で最大135,000ポイント(135,000円分)となっています。

月単位の制限ではないため、大きな買い物をする場合にうまく活用するのがよさそうです!

 

4.口座充当方式

1か月毎に還元ポイントを計算し、口座にポイント相当額を付与する方法です。

口座に振り込まれた後は、決済に充当することも可能となります。

ゆうちょPayはこちらの方式を採用しており、利用した翌月末までにポイント還元分を口座に入金する方法を取っています。

月の上限は15,000円までのようです。もちろんゆうちょPayにチャージ可能です。

 

月々の上限が決まっているので複数のキャッシュレス活用も手!

月々の上限が決まっているので、やはり1つの決済方法だけではなく複数キャッシュレス決済方法を用意していた方がいいと思います。

とは言え5%還元で15,000円分のポイント還元を受けるためには30万円の決済が必要です。

30万円利用することあるかな?と思われるかもしれません。

しかし、意外とすべての支払いをまとめていたら超えることもあり得ますので、ポイント還元の取りこぼしが無いように注意してくださいね。

キャッシュレス決済の場合は、オンラインで利用状況のチェックが可能な場合が多いので、今月いくら利用しているかをチェックすることをおすすめします。

「キャッシュレスだと使いすぎちゃう可能性もあるので、明細チェックを忘れずに!」

気になるポイントの還元方式や対象店舗はHPで確認しよう

ポイント還元方式や時期、上限額は各事業者ごとに異なります。

ですので、実際に自分が利用しようと思っているキャッシュレス方式のポイント還元の詳細について事前に確認しておきましょう。

対象の事業者およびポイント還元の詳細については、下記のHPより検索することが可能です。

実際に利用する事業者の名前を入力して、各事業者のHPに移動して確認してください。

まだ、ポイント還元のHPができていない事業者もありますので、その場合は直接キャッシュレス事業者に確認をお願いします。

また、全国のキャッシュレス決済対象店舗の一覧を、上記のHPから調べることが可能なのですが、該当ページには6000ページ以上にわたる店舗の羅列で調べるのに一苦労です。

下記のサイトでは、調べたい都道府県と業種を入力するだけでリストにしてもらえますので、こちらを活用してお近くの対象店舗を探してみてくださいね。

最大5%ってお得だけど、もっとお得なことを世の中にはたくさんある

今回、消費税増税対策としてキャッシュレスでポイント還元をしてもらえるというのはやはりお得です。

ただね、どこまで普及するのかは未知数です。

特に現金主義の意識が高い日本の場合、本当にこれを利用してくれる層というのは結構ハードル高いです。

一見何円ぐらいがお得って見ちゃうと大した金額じゃないから無視しがちなんですよね~~!

でもパーセントに置き換えて考えてください。

銀行にお金預けてても1%にもならないんですよ。そして今回は支払い方法を変えるだけで5%バックなんです。

これ額がでかくなればなるほど、強烈な節約に繋がるわけですね。

そして私がやっている「陸マイラー」というものは5%どころじゃ済まないですね(笑)

それだけ、世の中にはまだまだお得なことがたくさんあるという感じです。

ちなみに「楽天カード」ですが、最大9%還元を受けることできちゃうマル秘テクニックもあります。

そしてこちらのJCBのテクニックも意外とすごいんですよ!!

まとめ

今回消費税増税と同時に導入されるポイント還元事業。

国内のキャッシュレス決済を推進させる目的で補助金が投入されています。

消費者である私たちは、特に登録などの必要はなく普段通りの買い物でキャッシュレス決済を行うだけでポイント還元を受けられます。

期間限定とはいえ、消費税増税分を相殺できるポイント還元はやはり私たちの生活に大きく影響するありがたい政策です。

やることはキャッシュレス決済を行うだけ!

それだけで、最大5%のポイントバックがもらえるのでやらないと損ですよ。

賢くしっかりポイント還元利用しましょ

本日もありがとうございました!

 

ANAアメックスで最大72,000ANAマイル貰える!公式には出てこない秘密のキャンペーン

【ANAアメックスで最大72,000ANAマイルを稼ぐ】

  • 最大実質3%還元でマイルが貯まる
  • ポイントも無期限

陸マイラーがマイルを大量に稼ぐ秘密のテクニックの1つがコレです!

実は公式サイトから調べても出てこないお得な方法があるんです!

あなたも今すぐチェック!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事