ANAマイルの有効期限を延長する方法と対処法まとめ!有効期限を気にせずにマイルを貯める裏ワザテクニックも紹介!

ANAマイルの有効期限を延長する方法と対処法まとめ!有効期限を気にせずにマイルを貯める裏ワザテクニックも紹介!

おはようございます!sasasanです。

陸マイラー活動を通して1年に20万マイル以上マイルを貯められるようになりました。

特にANAマイルはソラチカルートTOKYUルートのおかげで、ポイントサイトで貯めやすいマイルになります。

マイルを貯められるようになったけれど忙しくてなかなか旅行に行けず、気づけばマイルの有効期限が切れていた!なんて勿体ないことはしたくないですよね。

せっかく貯めたマイルを失効させないために、有効活用方法とともにマイルの有効期限を気にしないで貯められるテクニックも解説していきたいと思います。

 

今日のポイント!

  • ANAマイルの有効期限をなくす方法とは?
  • 有効期限が近付いてきたANAマイルの活用方法とは?
  • 有効期限を気にせずにマイルを貯める裏ワザとは?

     

    本日はANAマイルの有効期限の基礎知識から、期限が迫ってきたときの有効な対処方法から裏ワザまで徹底解説していきます。

    これでANAマイルの失効というものから解放されるはずですよ!!

     

    ANAマイルの有効期限は何年?無期限じゃないって知っていますか?

    陸マイラー活動を通して一生懸命貯めたマイルは残念ながら有効期限があります。

    1年間に20万マイル以上を貯めたとしても有効期限が来たら失効してしまうんです。

    ANAマイルの有効期限は利用になった月から36月後の月末まで

    ANAマイルの有効期限は、マイルが発生した月から数えて36か月後(3年後)の月末までです。

    例えば、2012年7月1日に飛行機搭乗で発生したマイルは、3年後の2015年7月31日までが有効となります。

    現在所有しているANAマイルの有効期限は、マイル口座残高照会ページで確認できるのでいつまでに使用しなければいけないのか確認しましょう。

    ANAマイル口座残高照会

    有効期限内に特典と交換しないと失効してしまいます

    有効期限になったマイルは、古いマイルから順番に失効していきます。

    せっかく陸マイラー活動で貯めたマイルでも、期限内に特典に交換できないとどんどん消滅してしまいます。

    せっかく頑張って貯めたマイルなので、有効活用出来ないと非常に勿体ないです。

    たくさん貯めて一気にどかん!!と使いたくもなりますが、出来るだけこまめに特典に交換して古いマイルが口座に残らないようにしましょう。

    マイルは使うために貯めるのです!

    ANAマイルの有効期限をなくす方法は?2つの方法がある!!

    コツコツ貯めたマイルはコツコツ使用して常にリフレッシュすることがおススメですが、やはり有効期限が無くなれば、さらにもっと大量に貯めやすいと思いますよね。

    ANAマイルの有効期限をなくす方法は2種類あります。

    一つは、ANAプレミアムメンバーのダイヤモンド会員になること。

    そしてもう一つはANAミリオンマイラーになることです。

    個別に各条件について紹介しておきます。

    ANAダイヤモンドメンバーになるとマイルが失効しません

    ANAの上級会員のプレミアムメンバーの最上位クラス・ダイヤモンドメンバーになると、ダイヤモンドサービス期間中、保有しているマイルはすべての有効期限が無くなります

    例えばダイヤモンド・ステイタスに到達した年に失効するマイルがあったとしても、ダイヤモンドサービス期間中は失効することはありません

    翌年にダイヤモンドからプラチナに陥落したとしても、ダイヤモンドになったときにすべてのマイルの有効期限がリセットされるため、そこから3年間が有効期限となります。

    つまり3年毎にダイヤモンドメンバーになれば、マイルの有効期限は事実上なくなることになります。

    ちなみにダイヤモンドメンバーになる条件はこちら。

    • 1年間の獲得プレミアムポイント数が100,000PP以上

    プレミアムポイントは飛行機へ搭乗することでしか貯められないポイントなので、陸マイラー活動で貯めることはできません。

    プレミアムポイントの計算方法はこちらの記事にまとめていますので参考にしてみてください。

    ミリオンマイラーになると生涯マイルの有効期限がなくなります

    ANAマイルの有効期限をなくすもう一つの方法は、ANAのミリオンマイラーになることです。

    ミリオンマイラーとは、ANAマイレージクラブに入会してからのANA総飛行距離(LTマイル:ライフタイムマイル)が100万LTマイル以上に到達した人だけに与えられるステイタスです。

    ダイヤモンドメンバーはダイヤモンド・ステイタス期間中しかマイルの有効期限はリセットされません。

    しかし、ミリオンマイラーは一度到達すると生涯ずっとマイルの有効期限が無くなります

    つまり、どんなに古いマイルでも失効することなく貯め続けることができるのです。

    ANAの飛行機を長く、そして頻繁に利用するお得意様だからこそマイルの有効期限を気にすることなく貯めてほしいための特別な特典ですね。

    さらに200万LTマイルに到達すると、生涯にわたりANA SUITE LOUNGEが利用できるようになります。

    でもどっちもハードルは高いんだよね~~

    有効期限間際のANAマイルを有効活用する方法とは!?裏ワザテクニックも紹介!

    いくらマイルの有効期限が無くなるとはいえ、ダイヤモンドメンバーを目指したりミリオンマイラーを目指すには時間と費用がかかります。

    今、目の前に有効期限が間近のマイルがあるなら失効する前にすぐに有効活用しましょう!

    ステイタス関係なく、すぐにマイルを活用できる有効な方法は以下の4つです。

    方法1.日程は変わるかもしれないけど特典航空券を取る!これが基本。

    もし特典航空券が取れるだけのマイル数を現在保有しているのであれば、特典航空券を取りましょう。

    ANAの特典航空券の有効期限は、国際線・国内線ともに旅行開始日から1年間です。

    発券日から1年以内に旅行を開始する(往路便/第一区間を使用する)ことが必要ですが、1年以内であれば日程の変更が可能です。

    つまりチケット発券1年以内なら、日程の変更はし放題なんです。

    行先や利用者の変更は出来ませんが、日程の変更は可能なので行きたい場所がすでに決定している場合は特典航空券を取ることが一番お得ですね。

    たとえ家族4人分のマイルが貯まっていなかったとしても、1人分や2人分の航空券を特典航空券で確保できれば非常にお得になるので、ぜひ特典航空券を利用しましょう。

    注意点として、もしも取得した特典航空券をキャンセルした場合すでに有効期限切れのマイルは返却されません。

    日程は流動的だけど、必ず行きたい場所を選んで特典航空券を発券しましょう。

    方法2.SKYコインに交換するなら最大1.7倍!ただしデメリットもある。

    次に行先はまだ特に決まっていないけれどチケットの発券が1年以内に予定しているのなら、SKYコインへの交換をおススメします。

    スカイコインは、ANAの国内線・国際線航空券の購入やANAが主催する旅行商品に利用できる電子マネーのようなものです。

    交換したSKYコインは航空券の支払いに利用できます。

    特典航空券では加算されない搭乗マイルやプレミアムポイントも加算されるので、実は隠れたマイルの活用方法なんです。

    交換するマイル数や保有しているクレジットカード、プレミアムメンバーのステータスによって交換率は変動します。

    SKYコインの有効期限はマイルからSKYコインに交換した月の12か月後の月末になります。

    ですので失効しそうになったマイルをSKYコインに交換すれば、有効期限が1年間伸びることになるんです。

    1年以内に航空券を発券する予定があるのならぜひ活用したい特典です。

    ただ注意点は、SKYコインはマイルに戻すことはできません。

    また、航空券をキャンセルして払い戻すときに有効期限が切れたSKYコインは戻ってきません。

    方法3.他のポイントに交換する

    飛行機のチケットを購入する予定がなく、かつ1~2万マイル分の有効期限が近付いている場合は勿体ないですが他社のポイントに交換することも可能です。

    他社ポイントへの交換は10,000マイル単位になります。

    4月1日~翌年3月31日の同一年度内に30,000マイル以上交換すると交換率が半減するため、20,000マイルまでの交換がおススメです。

    20,000マイルまでの交換率(同一年度内:4月1日~翌年3月31日)

    交換先 10,000マイル交換の場合
    スターバックスカード 10,000円
    iTunesギフトカード 10,000円
    楽天Edy 10,000円
    iDバリュー 10,000円
    楽天スーパーポイント 10,000ポイント
    Tポイント 10,000ポイント
    nanacoポイント 10,000ポイント
    ヤマダポイント 10,000ポイント
    セブンカード 10,000ポイント
    タカシマヤカード(ゴールド) 10,000ポイント
    マツモトキヨシ現金ポイント 10,000ポイント
    エムアイ(MI)ポイント 10,000ポイント

    20,000マイル交換後、30,000マイル目からは下記の交換率になります。

    • 10,000マイル→5000円分のポイント

    30,000マイル目からは一気に交換率が50%になってしまうので、20,000マイルまでにしましょう。

    飛行機以外のポイントとしてマイルを活用できるため、飛行機に乗る予定のない人は便利ですね。

    方法4.陸マイラー的な裏ワザ!!メトロポイントやTOKYU POINTなどに一旦戻す

    失効するのは嫌だけどもう一度ANAマイルに戻したい場合は、メトロポイントやTOKYU POINTなどの交通系ポイントに一旦戻して、再度ANAマイルに交換することも可能です。

    交通系ポイントに一旦戻して再度ANAマイルに交換した場合は、またマイルが付与されてから3年間に有効期限が伸びます。

    ANAマイルに交換できる交通系ポイントに戻す場合は、対応した交通系ANAカードが必要となります。

    交換率は、それぞれ下記の通りです。(同一年度内20,000マイルまで)

    交換先 10,000マイル交換の場合
    メトロポイント(ソラチカカード) 10,000メトロポイント
    TOKYU POINT(ANA TOKYU POINT ClubQ Pasmo マスターカード) 10,000ポイント
    nimocaポイント(ANA VISA nimocaカード) 10,000nimocaポイント
    JRキューポ(JQ SUGOCA ANA) 10,000ポイント

    マイルからポイントへの交換は等価ですがポイントから再度マイルに交換する場合は、

    • メトロポイントの場合は0.9倍
    • TOKYU POINTは0.75倍

    に目減りしてしまいます。

    また同一年度内に、方法3の他のポイントに交換したマイル数との累計30,000マイル以上交換すると交換率が半減してしまうため注意が必要です。

    各種カードのポイントに移して、そのままそちらで利用するならどのカードでも良いですが、またANAマイルに戻すということであればソラチカカード一択となりますね!!

    ソラチカカードは陸マイラーにとっては必須のカードとなっているのですが、それ以外にもマイル発生装置としても非常に優秀です。

    もしあなたがまだ所持していないのであれば、間違いなくおすすめのクレジットカードと言えますね!

    どうしても使う予定がないって時だけの方法だね!

    有効期限を気にせずにマイルを貯める裏ワザとは?

    それでは有効期限を気にせずにマイルを貯めるにはどうすればいいのでしょう?

    実はマイルとして貯めるのではなく、クレジットカードのポイントとして貯めておけば実質有効期限無しでマイルを貯めることが可能になります。

    クレジットカードのポイントとして貯めるのでマイルに交換するひと手間が必要にはなります。

    しかしこれから紹介するクレジットカードのポイントの有効期限は無期限なので、実質有効期限を気にせずにポイントとして貯めておけます。

    必要に応じてマイルに交換すればOKなので、使い勝手が非常に良いのです。

    ANAマイルを有効期限無しで貯められるおススメのクレジットカードは3種類です。

    • ANAアアメックスカード
    • ダイナースカード
    • spgアメックスカード

    それぞれの特徴と貯められるポイントを詳細に見てみましょう。

    ANAアメックスカードでポイントとして貯める

    ANAアメックスカードはアメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードで、アメックスのポイントを貯めることが可能です。

    年会費7000円(税抜き)のANAアメックスカードは、ポイント期限が3年なのですが、ポイント移行コースに参加費6000円(税抜)で参加することで無期限になります。

    年会費31000円(税抜き)のANAアメックスゴールドカードは、ポイント移行コースに参加は不要でANAマイルに交換でき、ポイントも無期限で貯めることが可能です。

    100円=1ポイントでポイントを貯めることが可能で、カードラウンジの利用もできます。

    入会時と継続時にもボーナスマイルがもらえるお得なカードなので、ANAマイラーにとって持っていて損はなしのクレジットカードです。

    今なら一気にマイルが貯められる大型入会キャンペーン実施中です!

    ダイナースカードでポイントとして貯める

    ダイナースで貯められるポイントも有効期限無しで貯めることが可能です。

    100円=1ポイントで貯められて、別途マイル移行手数料が必要となりますがANAマイルにも等価で交換することができます。(年間上限40,000マイル)

    ダイナースといえば高級クレジットカード。

    付帯しているサービスも非常に充実しています。

    対象レストランの所定のコース料理が1名分か2名分が無料になる「エグゼクティブダイニング」というサービスなどもあり、非常に魅力のあるクレジットカードです。

    しかも今ならANAマイルを大量に貯めることができるまたとないチャンス!

    ポイントサイト経由で一気にANAマイルが貯まるスペシャルキャンペーン実施中です。

    spgアメックスカードでマリオットBonvoyポイントとして貯める

    実は個人的に一番おススメのクレジットカードが、こちらのspgアメックスカードになります。

    spgアメックスカードは陸マイラーに非常に大人気のクレジットカードです。

    こちらのカードで貯められるポイントは、ホテルチェーンのマリオットが手掛けるマリオットBonvoyポイント。

    このBonvoyポイントが、ホテルにマイルにと非常に使い勝手がいいんです。

    100円=3ポイントのポイント還元率ですが、マリオット系ホテルでカードを利用すると通常の4倍ポイントが貯まりやすくボーナスポイントももらえます。

    また、マイルへの交換もANAだけでなくJALやユナイテッド航空航空を初め、40社以上のマイルに交換することができるんです。

    しかも交換率も20,000マイル交換ごとに5000マイルのボーナスマイルが貰えるため、100円=1.25マイルという他よりも高い交換率でマイルに交換することが可能です。

    Bonvoyポイントは一応有効期限が24カ月となっていますが、24カ月以内にポイントを獲得したり交換したり1回でも行えばそこで有効期限がリセットされます。

    つまり、spgアメックスでポイントを貯めてさえいれば無期限でポイントを貯めることができるんです。

    ここでは伝えきれないspgアメックスの魅力についてはこちらの記事をご覧ください!

    まとめ

    陸マイラー活動を通して貯めたマイルは、やはり有効期限内にしっかりと使い切って取りこぼしのないように活用したいものですよね!!

    そのためには、有効期限内にどんどん使っていくことをおススメします。

    たまにマイルが貯まりすぎて使い切れない!という陸マイラーの方もいますが、やはりマイルは使ってこそ価値が出ると思います。

    また、有効期限を気にせずに貯めるためにはクレジットカードのポイントとして貯めることも非常に使えるテクニックになります。

     

    ANAマイルを有効に使うポイントまとめ

    • マイルを貯めたらガンガン使っていこう!
    • 有効期限間際のマイルは、特典航空券やSKYコインに交換しよう
    • クレジットカードのポイントは無期限で貯められるので便利!

       

      特にSPGアメックスは貯めたポイントをマイルだけでなくホテルにも活用できるのでおススメです!

      ANAアメックスやダイナースもANAマイルが一気に貯まるお得なキャンペーン実施中なので、絶対に申し込みしておいた方がいい案件だと思います!

       

      本日もありがとうございました!

       

      スカイトラベラープレミアカードで最大37,500マイル貰える!公式には出てこない秘密のキャンペーン

      【スカイトラベラープレミアカードで最大37,500マイルを稼ぐ】

      • 驚異の5%還元でクレカの中でNo1の還元率!
      • キャッシュでフライトチケット買うなら間違いなくこれ!
      • SFC修行するなら必携のカード!

      陸マイラーがマイルを大量に稼ぐ秘密のテクニックの1つがコレです!

      実は公式サイトから調べても出てこないお得な方法があるんです!

      あなたも今すぐチェック!

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事