【2020年最新】ハワイのマリオット系列、SPGのホテルカテゴリー、宿泊ポイント全まとめ!!

【2020年最新】ハワイのマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンのホテルカテゴリー、宿泊ポイント全まとめ!!

【2020年2月6日追記】

2020年のマリオットカテゴリーの見直しが入りました!

  • レジデンス・イン・オアフ・カポレイが5から6にアップ
  • ワイレア・ビーチ・リゾート - マリオット・マウイがカテゴリー6から7にアップ
  • マリオット・マウイ オーシャン・クラブ - モロカイ、マウイ&ラナイ・タワーズがカテゴリー6から7にアップ
  • シェラトン・マウイ・リゾート&スパがカテゴリー6から7にアップ
  • シェラトン・プリンセス・カイウラニがカテゴリー6から5にダウン
  • ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチがカテゴリー7から8にアップ

運用開始は2020年3月4日となりますので、宿泊予定日が決まっている方はそれまでに予約、ダウンのホテルは3月4日以降に予約をしましょう!

>>カテゴリーアップデートの詳細はこちら<<

 

こんにちは!sasasanです。

2020年度のマリオットグループ(マリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトン、その他)のホテルカテゴリーの見直しが入りました!

そして今回は日本人が最も行く海外旅行先で大人気の「ハワイ」を見ていきたいと思います。

「ハワイ」のマリオット、SPGの全ホテルの統合後のホテルカテゴリー、必要な宿泊ポイント数、キャッシュ&ポイントのまとめを紹介していきたいと思います。

 

ハワイは主要な8つの島があり、マリオット、SPGは全部で38ホテル!

日本人にとって大変人気の高い海外旅行先の1つが「ハワイ」です。

芸能人や家族連れなど本当によく行っている旅行先になりますね!

ちなみにハワイというとオアフ島というイメージが非常に強いかもしれませんが、実はたくさんの島があります。

  1. カウアイ島
  2. オアフ島
  3. マウイ島
  4. ハワイ島
  5. モロカイ島
  6. ニイハウイ島
  7. ラナイ島
  8. カホオラウェ島

主要な島は8つあり、更に小さな島がたくさんあるんですね。

この中でも4つの島にマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンのホテルが点在しています。基本的にはオアフ島が中心となり、そこから他の島に国内線で移動する感じとなります。

今回はハワイにある全てのマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンのホテルのカテゴリー、ポイント利用時の必要ポイント、キャッシュ&ポイントをまとめていきたいと思います。

ちなみにすべての島にあるSPG、マリオット、ザ・リッツ・カールトンのホテルは38ホテルもあります!!

やはりリゾート地区というのはホテルもたくさんありますね!

カウアイ島のマリオット、SPGの統合後のホテルカテゴリー

まずは一番北に位置するカウアイ島について見ていきたいと思います。

「ガーデン・アイランド」と呼ばれ、ハワイの中でも一番自然が楽しめる島となっています。オアフのワイキキのようなガヤガヤした感じではなく、落ち着いた自然を楽しめるところともいえるところです。

マリオット、SPG系列のホテルは全部で8つあります。

ホテル名 カテゴリー ポイント(S/オフ/ピーク キャッシュ&ポイント(S/オフ/ピーク
コートヤード・カウアイ・アット・ココナッツ・ビーチ 4 25,000 / 20,000 / 30,000 $105 + 12,000 / $90 + 10,000 / $120 + 13,500
シェラトン・カウアイリゾート 5 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 17,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
コートヤード・オアフ・ノース・ショア 5 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 17,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
マリオット・カウアイ・ビーチ・クラブ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
カウアイ・マリオット・リゾート 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
コロア・ランディング・リゾート・アット・ポイプ、オートグラフ コレクション 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
セントレジス・プリンスヴィルリゾート 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
ウェスティン・プリンスヴィル・オーシャンリゾートヴィラズ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
マリオット・カウアイ・ラグーン - カラニプ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
マリオット・ワイオハイ・ビーチ・クラブ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000

ハワイの中でもセントレジスがあるのはここ「カウアイ島」だけとなります。

またカテゴリー7のホテルが4つもありますね!

セントレジス・プリンスヴィルリゾートは現在、マリオットグループを離れております(売却)

オアフ島のマリオット、SPGの統合後のホテルカテゴリー

次にオアフ島を見ていきましょう!

ハワイと言えば、オアフ島のイメージが一番強いかもしれません。特にワイキキのビーチは有名です。

そしてそこにホテルが集中しているんですよね。

地図を見てもらうと分かるのですが、2ホテルを除いて後のホテルはすべてワイキキビーチにあります。

マリオット、SPG系列のホテルは全部で10つあります。

ホテル名 カテゴリー ポイント(S/オフ/ピーク キャッシュ&ポイント(S/オフ/ピーク
コートヤード・オアフ・ノース・ショア 5 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 12,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
レジデンス・イン・オアフ・カポレイ 5→6 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 12,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
コートヤード・ワイキキビーチ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
シェラトン・プリンセス・カイウラニ 6→5 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
The Laylow, Autograph Collection  6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
シェラトン・ワイキキ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
モアナサーフライダー,ウェスティン・リゾート&スパ,ワイキキビーチ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ 7→8 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000

オアフ島の「ザ・リッツ・カールトンワイキキビーチ」ですが、Marriott Bonvoy会員の方のスイートへの無料アップグレードおよびスイートの午後4時チェックアウト保証は対象外となります。

Marriott Bonvoy会員の方のスイートへの無料アップグレードおよびスイートの午後4時チェックアウト保証はいたしておりません。

「RESIDENCE INN OAHU KAPOLEI(レジデンス・イン・オアフ・カポレイ)」は2019年の10月に新オープン予定の新しいホテルとなります。

予約については現在出来るようになっており、カテゴリー5のホテルとなりました!!

2019年のGWにハワイホノルルに家族で遊びに行ってきました!!

もちろん、マリオット系列のホテルに滞在してとても楽しく過ごしましたよ!

こちらはモアナサーフライダーの滞在記になります。

白を基調としたとても気品のあるホテルでした!

次に滞在したのが、シェラトンワイキキになります。

こちらはなんといっても子連れなら絶対におすすめのホテルとなります。

最後に滞在したのが、ロイヤルハワイアンホテル。

ハワイの中でも1位2位を争う大人気のホテルなのですが、本当に素晴らしいホテルでした!!

マウイ島のマリオット、SPGの統合後のホテルカテゴリー

次にマウイ島を見ていきましょう!

マリオット、SPG系列のホテルは全部で10つあります。

ホテル名 カテゴリー ポイント(S/オフ/ピーク キャッシュ&ポイント(S/オフ/ピーク
コートヤード・マウイ・カフルイ・エアポート 5 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 12,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
レジデンス・イン・マウイ・ワイレア 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
ワイレア・ビーチ・リゾート - マリオット・マウイ 6→7 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
マリオット・マウイ オーシャン・クラブ - モロカイ、マウイ&ラナイ・タワーズ 6→7 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
マリオット・マウイ・オーシャン・クラブ - ラハイナ&ナピリ・タワーズ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ,カアナパリ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
シェラトン・マウイ・リゾート&スパ 6→7 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
ウェスティン・カアナパリ・オーシャンリゾートヴィラズ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
The Westin Nanea Ocean Villas, Ka'anapali 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000
ザ・リッツ・カールトン、カパルア 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000

マウイ島にはウェスティンが3つもありますね~!

ハワイ島のマリオット、SPGの統合後のホテルカテゴリー

最後にハワイ島を見ていきましょう!

マリオット、SPG系列のホテルは全部で6つあります。

ホテル名 カテゴリー ポイント(S/オフ/ピーク キャッシュ&ポイント(S/オフ/ピーク
コートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテル 4 35,000 / 30,000 / 40,000 $105 + 12,000 / $90 + 10,000 / $120 + 13,500
Sheraton Kona Resort & Spa at Keauhou Bay 英語 5 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 12,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
ハプナ・ビーチリゾート 5 35,000 / 30,000 / 40,000 $140 + 12,000 / $120 + 16,000 / $165 + 19,000
ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
マウナケア・ビーチ・ホテル、オートグラフ コレクション 6 50,000 / 40,000 / 60,000 $190 + 25,000 / $165 + 22,000 / $225 + 27,500
マリオット・ワイコロア・オーシャン・クラブ 7 60,000 / 50,000 / 70,000 $250 + 30,000 / $225 + 27,500 / $325 + 35,000

統合前にホテルをポイント予約した方は最新のポイント数をチェック!

カテゴリーが見直しに入った場合ですが、対象ホテルを予約している方は必ずチェックしてください。

なぜなら、ポイントを利用した宿泊のポイント数も変わっているんです。

  • ランクアップしたホテルについて、検討している方は2020年3月3日までに予約検討する
  • ランクダウンしたホテルについて予約済みの方は2020年3月4日以降にポイントをチェックして低ければ取り直しする

統合前に予約された方は一度確認をしておきましょう!!

ホテルによってはポイント宿泊でも条件が微妙に異なる条件になったりすることがあります。

下記は2018年の話となります。

実は統合前の場合、部屋のグレードを複数選ぶことが出来ました。(ポイントアップ条件にて)
シェラトンワイキキの場合だと「マウンテンビュー」「オーシャンビュー」もう一つ上の部屋と3種類の予約が可能でした。

そして統合後はポイント数が減ってはいるものの選べる部屋は1種類「マウンテンビューのみ」

 

私は「オーシャンビュー」予約していたので、GWの込み具合も見ながら今回は切り替え予約は保留することにしました。
※アップグレードされるかどうかは空室次第というのがあります。
万が一満室でアップグレードが期待できない場合、「マウンテンビュー」は景観的に無しかなと思ったので、このような決断をしております。

マリオット系列のホテルをメインにするなら、絶対にSPGアメックスを持っておくことをおすすめします

沖縄の数あるホテルの中でもプールを楽しむ!ゆったりした時間を楽しみたい!なんていう方には間違いなくマリオット系列のホテルいいと思いますよ!

そしてこのマリオット系列に宿泊するならSPGアメックスを所持することをおすすめします。

SPGアメックスというクレジットカードは皆さんご存知ですか?

実はこのクレジットカードを持つだけで上級会員のゴールドエリートになることができます。

そんなマリオットの上級会員である「ゴールドエリート」ですが通常は25泊しないとなることができません。

実はそのような連泊をしなくてもすぐになれる方法があります。

マイラー、ホテラーに大人気のSPGアメックスのクレジットカードですが、こちらを所持するだけで「ゴールドエリート」が自動付帯となります。

  • お部屋のアップグレード(同クラスの高層階)
  • レイトチェックアウト(14時まで)
  • レストラン利用15%OFF

マリオットグループのホテルに宿泊するなら絶対に持っておいた方が良いクレジットカードとなります。

そしてSPGアメックスの年会費は31000円(税抜き)とちょっとお高いです。ただし、下記の超強烈な特典があるので正直それでも格安と言えるんですよね。

SPGアメックスの特典の中で一番のメリットが、次年度に50,000ポイントまでのホテルなら一泊無料の特典があります。

今回紹介したマリオットオキナワであればポイント宿泊は50,000ポイントとなっており翌年から一泊無料に出来ますね!!

またシェラトン沖縄、ルネッサンスはオフピーク時であれば50,000ポイントとなるので状況によってはこちらも無料宿泊ができちゃいますよ~~!

ちなみにシェラトン沖縄のハイシーズンは一番安い部屋でも軽く6万円を超えてくるので、年会費がタダどころかお得になっちゃう!!というわけです。

SPGアメックスは紹介からの発行が最もお得!紹介で36,000ポイントを貰おう!

マリオット系列のホテルに宿泊するなら是非持っておきたいのが「SPGアメックス」と呼ばれるクレジットカードになります。

こちらのおかげで各ホテルでの待遇ももちろん全然変わってくるんですね。

SPGアメックスを発行する一番お得な方法は「紹介による発行」となります。

公式サイトからの入会発行だと貰える特典はこちら。

  • 初年度年会費31000円(税抜き)
  • 入会後3か月以内で10万円の利用で30,000ポイント

紹介からの入会発行だとこうなります。

  • 初年度年会費31000円(税抜き)
  • 入会後3か月以内で10万円の利用で36,000ポイント

条件は変わりませんが、6,000ポイント多くもらえます。

更に10万円の利用で、3,000ポイントも貯まりますね。

つまり、合計で39,000ポイントが貯まります。

是非この機会にSPGアメックスを発行してみたい!もしくは、検討している方は下記問い合わせから申込みをしていただければすぐに紹介させていただきます。

基本24時間以内に返信対応させていただきます。

また申込みの依頼を大変多くいただいているのですが、くれぐれもメールアドレスの記入ミスにはご注意ください。24時間以内に返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡を頂けると幸いです。

まとめ

ハワイにはマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトン以外にもたくさんの素晴らしいホテルがあります。

しかし、私はSPGアメックスを持っているのと同時にチタンエリート(上級ステータス)があります。なので、このステータスの期間はなるべくマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンのホテルを楽しもうって考えています!

それにしても調べてみてこんなにもハワイにはホテルがあるというのもびっくりでした。

皆さんもハワイに旅行に行く際には、是非参考にしてみてくださいね!!

 

本日もありがとうございました!!

 

2019年のGWにハワイに旅行に行ってきました!!

フライトはJALの特典航空券です。陸マイラーでJALマイルを貯めてて本当によかった。

 

国内のマリオットグループの最新カテゴリー完全ガイドはこちら!

 

当ブログの最大のお得ネタ!

毎年海外旅行楽しんでみてはいかが?

LINE@に登録して最新情報をGET!

◆分からないことは直接相談も可能!

◆ブログには書けないお得ネタも!!

登録はこちらからどうぞ!↓
友だち追加

ホテル上級ステータス、毎年1泊無料特典が付く最強クレカ「SPGアメックス」で39,000ポイント貰える裏ワザ!

【陸マイラー、ホテラーに大人気のクレジットカードそれが「SPGアメックス」】

  • ホテルで上級ステータスが得られる
  • 貯めたポイントはホテル、マイルと交換先が広い
  • 毎年1泊の無料特典が貰える

賢い人ほど持っているクレジットカードをあなたも持ちませんか?

ある方法で39,000ポイントが貰えちゃいますよ!

あなたも今すぐチェック!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事