ハワイ、アメリカのおすすめSIMカード!携帯、スマホをお得に利用!容量無制限でテザリングOK!「most sim」で決まり!!

ハワイ、アメリカのおすすめSIMカード!携帯、スマホをお得に利用!容量無制限でテザリングOK!「most sim」で決まり!!

おはようございます!sasasanです。

皆さん、海外旅行に行く際に携帯やスマホの利用はどうしていますか!?

wifiルーターをレンタルされる方、現地SIMを購入する人などなど人によってそれぞれです。

私の場合だとSIMフリーのスマホで現地のSIMカードという組み合わせが最も安くで節約が出来ますね!!

私がグアムに行った際に色々リサーチして一番お得なSIMカードを利用しましたが、結果的にやはり一番お得で更に快適でした。

その人によって何を求めるのか?というのでどのようなモノ(wifiルーター、SIMカードなど)が違います。

  • 値段
  • 容量
  • スピード

早速ですが、ハワイ、アメリカ本土で一番おすすめのSIMカードを早速紹介していきたいと思います。

 

海外の現地SIMカードを利用するならSIMフリー端末は必須です!!

まずSIMカードを紹介する前に基礎的なところをサクッと書いておきます。

海外の現地SIMカードを利用する場合、「SIMフリー端末」が必要となります。

最近の新しい端末であれば、大体のスマホでSIMロック解除をすることが出来ます。

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のショップもしくは、オンラインにてSIMロック解除をしておきましょう。

それ以外にSIMフリー端末を購入するのもアリです。

私は通信をドコモで契約していますが、利用している端末はSIMフリー端末を別途購入して利用しています。

すでに2年前の機種で古いですが、DSDS端末を利用しているので非常に便利です。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応モデルがおすすめです。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とは?

2つのSIMを切り替えながら利用でき、更に2つ同時に待ち受けできる機能です。

過去にもデュアルSIMに対応した端末が発売されていましたが、こちらでは同時に待ち受けすることができずに切り替える必要がありました。

これ実に面倒です(笑)
DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の場合は、切り替えずに同時に待ち受けできるため国内のいつものSIMと海外のデータSIMをスムーズに利用できるようになります。
つまり、国内のキャリアで通話だけ利用して、データだけは現地のSIMで対応というのが1台で出来るようになるわけですね!

ちょっとお高い端末ですがこちらおすすめのDSDS対応機種です。

ライカのレンズなので写真もいい感じに撮れますよ!!

個人的にモトローラが好きなのと比較的中価格帯なのでこちらもいいと思います!

ハワイ、アメリカ本土ならmost sim(T-Mobile)が最強です!!おすすめ!テザリングOKで容量無制限!!

最初から結論を書いていきます(笑)

ハワイ、アメリカでのSIMカード利用なら間違いなくmost sim(T-Mobile)が一番おすすめです。

なぜ一番のおすすめなのかというとこちらです。

  • 容量は無制限!
  • テザリングOK!
  • アメリカ国内通話(携帯+市内電話)発/着信し放題
  • アメリカ国内でSMS送受信し放題(国際SMS不可)
  • 高速(3G/4G LTE)データ通信使い放題、デザリング可(子機速度は3G)

容量が無制限で且つ、テザリングOKというのが最大のメリットでしょう。

他のSIMの場合、テザリングがOKなものが実は少ないんです。

テザリングがOKなもので他のものだと「AIS のsim2fly」や、「ZIP SIM」などがあります。

つまり、most sim(T-Mobile)さえあればノートパソコンもテザリングで好きなだけ利用が出来ます。

それと家族連れで行くなら、複数人にでもテザリングが出来るのでこちら便利なんじゃないでしょうか?

普通のスマホ利用(Googleマップ、メール、簡単なネット検索)であれば容量自体は3~5GBあれば十分なのですが、

  • パソコンも併用したい
  • ツイッターにガンガン写真載せたい
  • ユーチューブも見たい

こんな利用方法の場合だと容量をあっという間に使い切ってしまうわけです。

容量を気にせず、パソコンも利用したいのであれば間違いなくmost sim(T-Mobile)一択となります。

most sim(T-Mobile)の詳細一覧
価格 2,650円~(5日間)
利用可能な容量 無制限
テザリング 可 OK!
SIMサイズ 3-in-1仕様、全サイズ(標準、Micro、Nano)対応。
購入方法 Amazon
日数選択 5.7.10.12.15.18.21.25.30.45.60.90.120日
通話 携帯+市内電話)とSMS発/着信し放題(国際通話、SMS不可)
対応端末 1.SIMフリースマホ 2. 4G LTE対応: B2&B4(必須)SIMフリーiPhone X/8/7S/7/6S/6等

ひとつ注意してほしいのがこちら!

アラスカ、グアムは対象外となります。

most simは2種類ある!!「T-Mobile」版と「AT&T」版の違いについて

実は「most sim」は2種類あります。

通信キャリアの違いで「T-Mobile」版と「AT&T」版があります。

そして通信キャリアの違いもそうなんですが、利用条件、金額も変わってきます。

most sim「AT&T」の詳細一覧
価格 3,590円~(7日間)
利用可能な容量 無制限
テザリング 不可!NGです。
SIMサイズ 3-in-1仕様、全サイズ(標準、Micro、Nano)対応。
購入方法 Amazon
日数選択 5.7.10.12.15.18.21.25.30.45.60.90.120日
通話 携帯+市内電話)とSMS発/着信し放題(国際通話、SMS不可)
対応端末 1.SIMロックフリー携帯 4GLTEバンド:2/4/17・3G:WCDMA1900/850(主にB2 1900) 対応が必要。SIMフリーiPhone X/8/7S/7/6S/6

「T-Mobile」版との違いですが、テザリングが不可。価格が少し割高です。

それと利用周波数が違います。

4G LTE以外にも、3G周波数帯も多く使用していますので、WCDMA1900/850のみ対応のスマホも使用OK!

また、「T-Mobile」版よりもサービス範囲が広いのが特徴です。

「T-Mobile」版では利用できないアラスカを含めたアメリカ全土で利用可能で、ヨセミテなどの国立公園でも使用できるので範囲が広いですね!!

同じmost simであっても利用キャリアによって条件が異なるので注意しましょう。

most sim(T-Mobile)の購入方法はAmazonで購入しましょう!

では早速購入方法から紹介します。

といっても購入はAmazonから購入なので至って簡単です(笑)

まずはAmazonで購入可能です。プライム会員なら注文した翌日に届くのでギリギリでも大丈夫だと思います。

到着したら、設定を済ませてしまいましょう!!

most sim(T-Mobile)の設定方法を解説!

このmost sim(T-Mobile)のいいところは日本にいながら設定を済ませて、現地ですぐに利用が可能という点があるんです!!

(アクティベート申請は少なくとも開通希望日の1日前までにやりましょう)

ご登録いただいた開通日の正午12時までに自動で開通し(Pacific Time:太平洋標準時間)、メールにてお電話番号をお知らせ致します。
プランは最終日の23:59:59(太平洋標準時間)に自動で終了します。

アメリカに到着後は、手続きや設定などは必要なく、そのままご利用いただけます。(機種によって稀にAPN設定などが必要な場合がございます。)

便利ですね(笑)

早速ですが、到着したSIMを自分の端末に刺してみましょう。

iPhoneの場合ですが、「設定」→「一般」→「情報」で、「ICCID」の項目で89から始まる数字が出てればOKです。

androidの場合は、「緊急通話のみ」もしくは「サービスなし」の表記が出てればOKです。

OKであれば一旦SIMカードを元に戻して、現地到着時につけるようにしてください。

注意

今の端末は大体のものがマイクロSIMが多いと思います。
そしてかなり小さいものなので、現地付け替えしたら無くさないように注意してください。

私の場合ですが、DSDS端末なのでそのまま刺しっぱなしにしてオフにしておくことでOKでした。

端末での利用確認が済んだら、次は事前アクティベートをしましょう。

まずは下記のリンクから移動してください。

アクティベート用の専用サイトはこちら

するとmostsimのサイトに移動します。

こちら左側で言語選択が出来るので、日本語を選択しておきましょう。

次に「SIM番号」「パスワード」を入力してください。

この2つは届いたSIMカードの右側にあるSIMシリアルナンバー、パスワードを入力すればOKです。

「次へ」をクリックしてください。

こちらで各必要情報を入力していきましょう。

IMEI:こちらは所持している端末の番号で電話番号を入力する画面で「*#06#」と入れると出てくる番号のことです。

ご希望の開通日:こちらはハワイ、アメリカに到着する日を入力しましょう。

滞在期間:現地での滞在日数を入力してください。

連絡先には使用しているスマホの番号、PCメール、Amazonでの購入時の注文番号を入れるようにしてください。

Amazonの注文番号は、「注文履歴」からみることが出来ます。

全てを入力完了したら「次へ」をクリックしましょう。

こちらの画面で、先ほど入力した情報一覧が出てきますので確認してOKなら「確認済み」をクリックしましょう。

これでアクティベーションは完了です。

あとは現地到着で現地時間12時までには利用可能となります。

特にSIMを刺してからの煩わしい設定等は不要です。

グアムでのSIM利用時は刺してから色々設定しないといけなかったので、これなら便利でいいですね!!

まとめ

正直、wifiルーターよりもこちらのmost sim(T-Mobile)の方がいいと思います。

wifiルーターだとバッテリーの消費も早いうえに、かさばります。

  • なるべく荷物を減らしたい
  • 好きなだけ利用をしたい
  • 費用をある程度は抑えたい

私の場合だったら、間違いなくこちらのSIMを購入するのが一番かなって思います。

事前アクティベートも5分足らずで完了できるので、あとは現地でSIMを刺すだけというのもめちゃ便利です。

これからハワイ、アメリカに行く予定の方は本当におすすめですよ!!

本日もありがとうございました!

 

ホテル上級ステータス、毎年1泊無料特典が付く最強クレカ「SPGアメックス」で39,000ポイント貰える裏ワザ!

【陸マイラー、ホテラーに大人気のクレジットカードそれが「SPGアメックス」】

  • ホテルで上級ステータスが得られる
  • 貯めたポイントはホテル、マイルと交換先が広い
  • 毎年1泊の無料特典が貰える

賢い人ほど持っているクレジットカードをあなたも持ちませんか?

ある方法で39,000ポイントが貰えちゃいますよ!

あなたも今すぐチェック!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事