JALマイル、ANAマイルの購入方法!?バイマイル(バイポイント)のやり方と利用方法!短期間で貯める裏ワザ!!

JALマイル、ANAマイルの購入方法!?バイマイルのやり方と利用方法!短期間で貯める裏ワザ!!

「ANAマイルを購入(バイマイル)したい!」

「JALマイルを購入(バイマイル)したい!」

いきなりですが、もしマイルやポイントが短期間であっという間に貯まる方法があったら皆さん絶対にやりますよね!!(笑)

普通、JALマイルやANAマイルというのはフライトで貯めたり、提携クレジットカードで貯めるというのが通常の方法となります。

陸マイラーは上記の基本の方法以外で大量のJALマイルやANAマイルを貯めているんです。

その中の1つのテクニックで「バイマイル」、「バイポイント」というものがあります。

しかし怪しいものもあれば、ちゃんとしたテクニックを利用したものもあるんです!

  • バイマイルとは何か?
  • JALマイル、ANAマイルの購入方法とは?
  • 間接的にバイマイルをする裏ワザとは?

本日は一気にマイルを貯めたい!!という方に向けての方法を紹介していきたいと思います。

 

バイマイルとは?お金を払ってマイルを購入すること!

これはお金を払って貰うマイルのことを言います。

この手法のことを「バイマイル」と呼びます。字のごとく、Buy(買う)Mile(マイル)というわけです。

ANAやJALの場合は公式サイトではバイマイルというのは実施されておりませんが、外国の航空会社だとバイマイルでマイルを貯めることが出来るようになっています。

日本人にも利用しやすいのが、ブリティッシュエアウェイズの(Avios(BAマイル)だったり、ユナイテッド航空のUAマイルなどはお金を支払って購入することが出来ます。

大体1マイル=3円前後で購入する感覚なのですが、キャンペーンがある場合は更にお得にマイルを購入することが可能です。

JALマイル、ANAマイルの購入方法(バイマイル)は基本的にはない!

最初に結論をお伝えしますが、JALマイル、ANAマイルを直接購入できる方法というのはありません。

先ほどお伝えしたように、日系航空会社どちらとも公式ではマイルの販売をしていないからなんですよね。

しかし、グレーな方法でのバイマイルというものは存在します。

次で詳細を紹介したいと思います。

ANAマイル、JALマイルはバイマイルで購入が出来る?オークション系はおすすめできません。

実はANAマイル、JALマイルはオークションでも取引されています。

正直どういう仕組みでマイル加算されるのかよく分かりませんが、実際にあります。

1マイル=2~3円ぐらいの相場でやり取りされています。

なぜこのような需要があるのかというと、もう少しで特典航空券が発行できるけれど少し足りないなんていう方にとってはまさに渡りに船なんですよね。

マイルというものは、クレジットカード決済や飛行機に乗ることで貯まります。緊急を要する、すぐにでもほしいという方にとっては呑気に待ってられないものです。

そんなときに活用されるシステムとなります。

しかし、こちらの方法ですがかなりのグレーゾーンとなります。

正規ルートではないため、自己判断で利用するかしないかを決めた方がいいでしょう。

ちなみに私の友人でヤフーオークションで購入したことがあるのですが、ちゃんとマイルが振り込まれたみたいです(笑)

「BUY AIRLINE MILES」でANAマイル、各国のマイルをバイマイルで購入することは可能!

実は海外のサイトにはバイマイル専用サイトがあります。

その1つが「BUY AIRLINE MILES」。

更にこちらではANAマイルもバイマイル出来るようになっています。

マイルを購入できる航空会社についてはこのようになっています。

  • ヴァージン・アトランティック航空
  • アリタリア航空
  • ユナイテッド航空
  • シンガポール航空
  • イベリア航空
  • ハワイアン航空
  • エールフランス航空
  • デルタ航空
  • ブリティッシュエアウェイズ
  • キャセイパシフィック航空
  • ANA
  • エア・カナダ
  • アエロメヒコ航空
  • エティハド航空

海外の航空会社は公式サイトで購入するよりも少しお得に購入できるようになっています。

ブリティッシュエアウェイズのAviosなどはJAL特典航空券にも利用が出来るので、購入する方は比較的多いです。

Aviosであれば1マイル=2.1セント~1.8セントでバイマイルが出来ます。アバウト1マイル=2円ぐらいといった感じです。

バイマイル海外サイト

そしてこちらANAのマイルもバイマイルが可能となっています。以前は1,000マイルから気軽に購入が出来たんですが、現在は20,000マイル以上からしか購入が出来ない状態に変わりました。

ただし、ANAマイルを購入するのはおすすめはできません。というのもANAはマイルの販売を禁止していることもあり、ANAマイレージクラブのアカウントの抹消というリスクが高くなります。

ANA、JAL共に今後はさらに取り締まりを厳しくするという話もあるのでご注意くださいませ。

逆に海外系のマイルならバイマイルを公式でも扱っているので、利用してみても大丈夫だと思いますよ!

ちなみにここで購入した場合なんだけど、振込み元は
アメックスUSAとかになるんだよ。
つまり専用の業者がいてそこから振り込まれる形というわけね!

ANAマイル、JALマイルを購入する裏ワザ(ドットマネーのバイポイントで間接的にバイマイル)

バイマイルのポイント版と認識していただければいいと思います。

ただし、こちらはオークション等で取引はされていますが、全くお得じゃありません(笑)(購入価格が高い為)

じゃあ、どうやってポイントを買うのかという話ですがこうなります。

  • 100%還元の商品もしくはサービスの利用

これですが、その商品やサービスがほしくて購入される方が普通だと思います。商品やサービスも利用できて更に還元されるのはとても有益ですよね!!

でも、そのサービスや商品に全く興味がない場合なのですが、お金を払ってその分のポイントが入るということは言い換えるとバイポイントという考えになります。

  • お金でポイントを買う

ということと同じ意味になりますね。実際にそう思えるような、なぞ!?の高額サービスがポイントサイトには存在します。

例えばこんな感じのサービスがあります。二つともドットマネーのスマートフォンサイト版にあるサービスとなります。

f:id:sasasan3:20170320233831p:plain

こちらは100%還元ですぐにポイントが入りますね!!

f:id:sasasan3:20170320233834p:plain

こちらは96%還元のサービスとなります。

いずれも、高額なサービスとなっておりますが、果たしてこのサービスをしっかりとやりたいという方はどのくらいいらっしゃるのか不明でもあります。

どちらも決済が終わったら、即ポイントが反映されますのでそこからすぐに交換が可能となります。

実は定期的にこのような謎のサービスが更新されていますので要チェックです。

実はこの高額アプリ案件は毎月変動が大きいよ!!
月末、月初の日付変更付近が
最もポイント数は高くなる傾向が強いんだ!!

ドットマネーからJALマイルに直接交換なら還元レートは50%!

次にJALマイルに交換する場合ですが条件は下記になります。

  • 1~15日申請分は申請月の下旬頃、16~末日申請分は翌月の上旬頃
  • 500ポイント(500円相当)→250JALマイル

15日申請であれば、約15日でマイルに交換が可能となります。

バイマイル視点で考えると、1マイル=2円となります。ANAよりもレートが高いですね!!

これであれば、十分に間接的バイマイルというのはいいレートだと思います。

ドットマネーからANAマイル直接交換のレートは50%

まずはANAマイルに交換する場合ですが条件は下記になります。こちらはソラチカルートではなく、ドットマネー→ANAマイル(直接交換)となりますので、付与タイミング、交換レートが異なります。

  • 当月交換のものは翌月9日頃に付与
  • 300ポイント(300円相当)→85ANAマイル

月末申請であれば、約10日でマイルに交換が可能となります。

バイマイル視点で考えると、1マイル=3.53円となります。約28.3%レートですね(笑)

バイマイルの相場的には少し高いので、どうしても急いでANAマイルが欲しい場合のための苦肉の策という感じになりますね!

バイマイルのおすすめテクニック!モッピーならJALマイル80%、ANAマイル86.25%で一気に貯める!!

日本最大級のポイントサイトで陸マイラーにも人気があるのがモッピーです。

モッピーにもドットマネーと同じようなバイポイント的な案件があるんですよね。

こちらはアプリのコースを申込みした時点で、即時ポイントが手に入るようになっています。

10,800円コースで8,000Pなので約74%還元という感じです。

モッピーポイントをどうやってJALマイルにするのか解説していきますね!

【モッピーから直接JALマイルへ交換(50~80%:キャンペーンによる)】

こちらは12,000P交換することで、6,000JALマイルになるのですが後日ボーナスとして4,500Pが戻ってきます。

つまり実質7,500Pで6,000JALマイルに交換ができるというわけです(実質80%)

2018年5月以降のキャンペーンでは、月に1回だけ上記のレートで交換が可能となります。

先ほどのアプリ案件でいうと、74%還元のものを交換すると約59%レート還元です。

ドットマネーよりも9%高くバイマイルをすることが可能です。

モッピーのキャンペーンを利用して80%で月に1回交換をして、余ったポイントはドットマネーを経由して交換しましょう!

翌月の80%レートのために残しておくのもOKです!

モッピーのキャンペーンは月ごとに内容が変わってきていますので、毎月チェックするようにしましょう。

モッピーのJALマイルキャンペーンについてはこちら!

モッピーで貯めたポイントはANAマイルへ86.25%で交換できる!!

TOKYUでANAマイル交換

モッピーで貯めたポイントは75%でANAマイルに交換することが出来ます。

モッピー→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイル(75%レート)

そして現在、モッピーではエクスプレスキャンペーンを実施中です!!

12月20日までの交換ならなんと86.25%にパワーアップ!!

こちらは毎月15,000P以上の利用という条件をクリアし、10,000P分の交換までなら15%増量というキャンペーンとなっています。

今現在で最もレートが高くANAマイルに交換が出来るのはモッピーだけとなりますね!!

モッピーへ入会すると今なら更に!!1,000Pが貰えます!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの詳細についてはこちら

【キャンペーン期間】
2019年10月1日(火)~2019年10月31日(木)まで!

【入会キャンペーン特典】

期間中にモッピーに初めて登録された方が、2019年11月30日(土)までに5,000P以上ポイント獲得すること。
※ ポイント通帳のポイント確定明細に記載された合計ポイント数が対象となります。

Tポイントに交換でウエル活で150%レートで利用もおすすめ

今回のバイマイルという趣旨から少しずれますが、とても有用なバイポイントの活用方法なので紹介しておきますね!

Tポイントの利用先としてはすでに有名ではありますが、ウェルシアの支払いに充てることで非常にお得に利用が可能です。

というのはウェルシアの特殊なサービスがあるからです。

  • 毎月20日は200ポイント以上のお会計利用で、1.5倍のお買物ができる

150%増えての購入が可能となりますので、バイポイントをしてから150%増量させることが可能となります!

まさに現代の錬金術とも言えるのではないでしょうかね^^

日々の日用品などは月に1回の購入に集約して、この日に一気に購入をすれば家計的にも大助かりなんじゃないかと思いますよ!

まとめ

ポイントサイトの利用としての王道はサービスの利用や、商品購入でポイントを貯めていくというのが王道です。私のような陸マイラーはコツコツとポイントを貯めてマイルに交換していくことになるのですが、それだとかなり時間がかかってしまうというデメリットも存在しています。

急ぎの場合、サクッとマイルにしたい(今までバイマイルしていた方)などはこういう利用方法もあることを覚えておいた方がいいでしょうね!!

あとはTポイントのウェルシアは本当に素晴らしいサービスです。日にち限定ながらも1.5倍になりますからね。10,000円分のポイントで15,000円分の商品が買えてしまうのですからね。

  • バイマイルは急ぐ方にとっては有効である!
  • バイポイントは1マイル=1~1.8円で買うことができる!
  • バイポイントでウェルシア1.5倍の錬金術!

ポイントサイトはうまく利用していくようにしてくださいね!!

本日もありがとうございました!!

モッピーへ入会すると今なら更に!!1,000Pが貰えます!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの詳細についてはこちら

【キャンペーン期間】
2019年10月1日(火)~2019年10月31日(木)まで!

【入会キャンペーン特典】

期間中にモッピーに初めて登録された方が、2019年11月30日(土)までに5,000P以上ポイント獲得すること。
※ ポイント通帳のポイント確定明細に記載された合計ポイント数が対象となります。

ANAアメックスで最大93,000ANAマイル貰える!公式には出てこない秘密のキャンペーン

【ANAアメックスで最大93,000ANAマイルを稼ぐ】

  • 最大実質3%還元でマイルが貯まる
  • ポイントも無期限

陸マイラーがマイルを大量に稼ぐ秘密のテクニックの1つがコレです!

実は公式サイトから調べても出てこないお得な方法があるんです!

あなたも今すぐチェック!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事