sasaのイチオシ記事はこちら!
沖縄旅行にJALマイルで行く5つの方法まとめ!少ないマイルで沖縄!特典航空券など色々なテクニックを紹介!

沖縄旅行にJALマイルで行く5つの方法まとめ!少ないマイルで沖縄!特典航空券など色々なテクニックを紹介!

  • 沖縄旅行にJALマイルを利用したい!
  • JALマイルで沖縄にいくにはどんな方法がある?
  • 沖縄にお得に行く方法教えて!

こんな方に向けた記事となります。

 

こんにちは!sasasanです。

日本で一番人気のあるリゾート旅行といえば間違いなく「沖縄旅行」です!

私が陸マイラーになってマイルを貯めて初めて家族で旅行したのがJALマイルで沖縄でした。

 

では沖縄にJALマイルで行くにはどんな方法があるのか知っていますか?

最初に結論を書くとマイルを使っていくのが最もお得に沖縄旅行に行けます。

 

実はJALマイルを使って沖縄に行く方法というのは複数あるのはご存知でしょうか?

本日はJALマイルを活用してお得に沖縄旅行に行く方法を紹介したいと思います!

 

沖縄旅行はJALマイルの特典航空券が一番お得!

最初に一番お得なものから紹介しちゃいます。

ズバリ、JALマイルを利用した国内線特典航空券がやはり一番お得に沖縄旅行に行けちゃいます!

JALマイルで沖縄旅行に行くためには1人15,000JALマイルが必要となります。

1人 2人 3人 4人
羽田-那覇(往復) 15,000マイル 30,000マイル 45,000マイル 60,000マイル

実はJALの国内線特典航空券はANAとは若干違います。

マイルのシーズン制がないので、いつどんな時でも国内の場合は固定必要マイルで利用が出来るようになっていますよ!

 

とはいえ、家族で行くとなると大量のJALマイルが必要となってきます。

しっかりと常日頃からJALマイルを貯めておくことをおすすめしますよ!

JAL Webサイト限定の国内線特典航空券「ディスカウントマイル」なら更にマイル数が少なく沖縄旅行に行ける!!

先ほどJALの国内線特典航空券の必要マイル数は固定だと説明しました。

ただ、期間によってはそれよりも更にお得に沖縄旅行に行くことも可能です。

【羽田-那覇】

  • 通常必要マイル:15,000JALマイル
  • ディスカウントマイル:12,000JALマイル

一人当たり3,000マイル少なくなるんですよね!

ちなみに2020年度はコロナの影響もあって、現在開催は未定となっています。

詳細利用条件についてはこちら。

  • 片道(1区間)も対象となります。
  • クラス J特典航空券は、普通席特典航空券の必要マイル数に、1区間・1名様ごとに2,000マイルを追加したマイル数が必要です。
  • 小児旅客、座席が必要な同伴幼児旅客の場合も大人と同じマイル数が必要です。
  • 一度のご予約でディスカウントマイルとほかの特典航空券の組み合わせは承れません。(例)〔往路〕ディスカウントマイル適用 + 〔復路〕通常の特典航空券 の組み合わせはご利用いただけません。ご希望の場合は片道特典として片道ずつご予約ください。
  • 異なる区間を組み合わせてご利用の場合は、1区間マイル数を合算したマイル数が必要となります。

基本的には閑散期などに設定されることが多いです。

JALディスカウントマイルの注意点!通常の特典航空券の日程には変更不可!!

超お得なJALディスカウントマイルなのですが、1つだけデメリットがあります。

日程変更をしたい場合、ディスカウントマイル対象日のみが変更可能なんです。

裏を返すと、通常マイルの日程の箇所に変更が出来ない!というわけですね。

実はJALマイルで旅行するとき際、繁忙期の争奪戦で「予約変更を使ったテクニック」があります。

繁忙期はディスカウントマイル対象ではないので、ダミー日程で取った特典航空券がディスカウントマイル対象だった場合は予約変更が出来ません。

その場合は一旦キャンセルをしないといけないんですよ。。。

実は2018年のGWに沖縄旅行を計画していた時に、まさにこの失敗をしたことがあります(笑)

おかげでキャンセル手数料が取られちゃいました。。。

こちらは気を付けてくださいね!

「おともdeマイル割引」ならたったの10,000JALマイルで沖縄旅行も可能!

JALマイルを利用した旅行テクニックの1つとして「おともdeマイル割引」というものがあります。

特徴としては下記のようになります。

  • 会員本人はどの路線でも10,000マイル
  • 同行者は3名までで15,000円~36,600円を払う

マイルが人数分足りない!友人を一緒に連れていきたい!という時に重宝する制度なんですよ!

例えば都内からの沖縄旅行をする場合だと下記のようになります。

こちらは同一便、同一クラスでの搭乗が条件となります。

そして料金も結構お値打ちになるケースが多いんです!!

下記は、2020年10月13日の羽田-那覇の料金です。

かなり安くチケットが取れる「ウルトラ先得」よりも更に安い運賃設定となっていますね!(片道)

下記は2020年の「おともdeマイル割引」の日程になります。

2020年3月29日~10月24日
搭乗日により運賃額が異なる運賃です。

期間Ⅰ:2020年4月1日~27日、5月7日~7月16日、9月1日~10月24日
期間Ⅱ:2020年4月28日~5月6日
期間Ⅲ:2020年3月29日~31日、7月17日~8月6日、8月17日~31日

利用不可期間:2020年8月7日~16日

2020年10月25日~2021年3月27日
搭乗日により運賃額が異なる運賃です。

期間Ⅰ:2020年10月25日~2021年3月18日
期間Ⅱ:2021年3月19日~27日

利用不可期間:2020年12月25日~2021年1月3日

2021年3月28日~10月30日
搭乗日により運賃額が異なる運賃です。

期間Ⅰ:2021年4月1日~27日、5月6日~7月15日、9月1日~10月30日
期間Ⅱ:2021年4月28日~5月5日
期間Ⅲ:2021年3月28日~31日、7月16日~8月5日、8月17日~8月31日

利用不可期間:2021年8月6日~16日

うまく活用するとお得に友人と沖縄旅行に行けるようになりますよ~~!

JALどこかにマイルなら6,000マイルで沖縄にも行ける!

通常マイルよりも劇的にマイル数が少なく沖縄旅行も可能なのが、「どこかにマイル」です。

これ何かというと、必ず沖縄に行けるとは限りません(笑)

というのも予約の際には4つの候補があり申込み後にその4つの候補からJAL側が決定していくというガチャ要素のあるものなんですよ!

ご予約の際に、4つの行き先候補地をJALからご提案。そのなかからお申し込みから3日以内に、決定した行き先をお知らせします。いつもとは違うワクワクする旅の出会いや、偶然が生み出す発見の旅をお楽しみください。

東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線に限ります。

行き先が決まるまで分からないので、ドキドキ感はすごい出てきます。

行き先指定ができないからこそ、通常の半分以下のマイル数で往復の航空券と交換が出来るというわけです。

先ほど説明したように、申込時には行き先候補は4つとなります。

あとは運次第というわけですが、4つの候補には沖縄が入るケースもあるんです。

そして更に運がいい時は、沖縄、石垣が組み合わるケースもありますよ~!!

そしてこちらは友人も一緒に旅行に行けるというのはかなりのメリットです。

 

実は2020年6月19日より再開しております!!

そして早速ですがとある日程にてどんな候補が出てくるか見てみましよ^^

これなかなかよくありませんかね!!

北は札幌、南は沖縄!!

宮崎も広島も美味しいものが沢山あります。

これが往復たったの6,000JALマイルは正直破格ですよね!

実はこちら色々な裏ワザやテクニックをうまく利用すると確率もすごい上がるんですよね~~!

e JALポイントでお得に沖縄旅行も可能!JALマイルをうまく活用しよう!

JALにはJALグループで利用が出来るポイント「e JALポイント」というものがあります。

JALマイルを貯めているJAL陸マイラーもこのe JALポイントをうまく活用している人も非常に多いですよ!

「e JALポイント」の特徴は下記のようになります。

  1. e JALポイントはJALマイルから交換で最大1.5倍で交換できる
  2. 航空券、ツアー代金、燃油サーチャージの支払いに利用可能

「e JALポイント」の交換方法、使い方

「e JALポイント」はうまく利用すると特典航空券よりもお得に使えるメリットもあります。

「e JALポイント」はJALマイルから交換するのが王道です。

基本は1JALマイル=1e JALポイントに交換できるのですが、10,000JALマイル以上の交換であれば15,000e JALポイントとなり1.5倍換算で交換できるのが最大のメリットの1つとなります。

e JALポイントはJALグループの航空券の支払い、JALのツアー、燃油サーチャージへの支払いに利用が出来ます。

JALマイルを大量に持っている人であれば、キャッシュで支払いするよりもお得に航空券を購入できるというわけです。

また海外旅行の際に別途かかってくるのが「燃油サーチャージ」です。

これも支払いすることも可能なんですよ!(ただし、国際線特典航空券を利用したときは支払い不可)

実はJALマイルの特典航空券よりもお得なケースもある!

e JALポイントのメリット2つ目がこちらです。

冒頭で一番お得に沖縄旅行に行けるのはJAL国内線特典航空券だとお伝えしました。

ただ、デメリットは繁忙期のチケットが争奪戦になることです。

ところが、e JALポイントの場合は通常のチケット購入となるので特典航空券よりも余裕で繁忙期のチケットを押さえることが可能!!

大体はちょっと持出し費用は掛かってくるのですが、時間的余裕が持てるのとJALマイルも貯まるのでe JALポイントで取ることもよくあるんです。

「e JALポイント」の有効期限は交換後1年間!JALマイルの延長テクニックでも有効!

非常にお得な使い道である「e JALポイント」ですが、実はJALマイラーにとって非常に重要なポイントの1つなんです。

それは「JALマイルの有効期限間近にe JALポイントに交換して延長させる」というテクニックです。

どうしても使いきれなかったJALマイルを期限切れさせるのは非常に勿体ないですよね?

その場合、e JALポイントに交換しておけば、更に1年延命させることが出来るというわけです。

「e JALポイント」の有効期限

マイルから交換を行った日の1年後の同月末

JALマイルで沖縄旅行!マイル数に応じたチケットの取り方

これまでに紹介方法が、JALマイルを活用した沖縄旅行に行く方法です。

そしてこれらをうまく組み合わせることでお得にJALマイルを節約しながら沖縄に行くことだって出来ますよね!

家族4人のケースでまとめておきましょう!

  1. 60,000マイル:4人とも特典航空券で沖縄!
  2. 24,000マイル:どこかにマイルでギャンブルで沖縄GET!
  3. 20,000マイル:おともdeマイルで1人+1人(おともdeマイル割)の2ペアで沖縄旅行!
  4. 10,000マイル:おともdeマイルで1人+3人(おともdeマイル割)で沖縄旅行!

あなたが持っているJALマイルによって、上記のような色々な戦略が練られるはずです。

 

まとめ

今回は沖縄旅行に行くためにJALマイルを活用した方法を紹介しました。

全部で5種類ありますが、それぞれの特徴がありますね!

ANAマイルで沖縄旅行に行く方法

  • ☆☆☆☆☆:JALマイルで国内特典航空券を利用する
  •  ☆☆☆☆:e JALポイントを利用する
  •   ☆☆☆:どこかにマイルを活用する
  •   ☆☆☆:おともdeマイル割引を活用する

やはり王道はJALマイルをストレートに利用して国内特典航空券を取ることが最重要です。

ただし、人によっては必要マイルが足りないことだったり、争奪戦で取れなかった!なんてことも往々にしてあります(笑)

 

しかしJALマイルはうまく活用することで、色々な戦略を練ることが出来ます。

マイルが少なくてもどこか旅行に行きたいときはどこかにマイルとかいいですよね!

(それで沖縄当たったら最高なんですけど笑)

 

実は一番お得なポイントの使い方はマイルに交換が正解!

これであなたも今日から陸マイラーとして毎年超お得に海外旅行はどうですか?

大量にマイルやポイント貯める!

お得生活はポイ活をマスターすることがとっても大切です!

完全ガイドをまとめてるのでよかったらチェックしてみてくださいね!!

ポイ活!完全ガイド

 

誰でも出来る陸マイラーのはじめ方!完全ガイド!

陸マイラーをやってみたい

陸マイラーになって大量のマイルを貯めたい

家族を毎年海外旅行に連れていきたい

あなたの願いはすぐにそして簡単に叶います!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事