統合後最新!SPGアメックス(AMEX)のメリット、デメリット、各特典の詳細まとめ!

目次

「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」通称、SPGアメックス(AMEX)

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

なぜそこまで人気があるのかというと、数多くのメリットがあるからというのが一番の理由となります。

  • なぜSPGアメックスがおすすめなのか?
  • 所持することによって得られる絶大なるメリットとは?
  • ホテルなのに陸マイラーになぜ人気があるのか?

そしてマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンのプログラムが統合して1つになり、色々と価値も変わってきています。

統合後の最新の各特典、変更点をしっかりと解説していきたいと思います。

SPGアメックス(AMEX)カードの基本スペックについて

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

スターウッド・ホテル&リゾートアメックスが提携しているカードになります。スターウッド・ホテル&リゾートとは11のホテルブランドを展開している大手のホテルチェーンになります。

2018年8月16日に正式にマリオット、ザ・リッツ・カールトンとプログラム統合をしました。

世界最大のホテルグループブランド×アメックスのメリットをギュッとつめた夢のようなクレジットカード、それがSPGアメックスとなります。

SPGアメックスの基本情報については下記をご覧ください。

提携ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費 31,000円(税抜)
家族カード 15,500円(税抜)
ポイント 100円利用につき3ポイント
ポイント還元率 3%
ポイント有効期限 実質無期限
所持特典 マリオットゴールドステータス自動付帯
カード更新時特典 無料宿泊特典
国内・海外旅行保険 有り
ショッピング保険 有り
ETCカード 500円(税抜)初年度無料(年1回以上利用で翌年度無料)
電子マネー QUICPay
ApplePay 対応

 

マリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトン3つのホテルブランドの紹介

次にマリオット、SPGに参加しているホテルについて紹介したいと思います。

スターウッド・ホテル&リゾート

  • St. Regis「セントレジス」
  • The Luxury Collection「ラグジュアリーコレクション」
  • W Hotels「W」
  • Westin「ウェスティン」
  • Le Meridian「ル・メリディアン」
  • 「トリビュートポートフォリオ」
  • Sheraton「シェラトン」
  • Aloft Hotels「アロフト」
  • Element HOTELS「エレメント」
  • Four Points by Sheraton「フォーポインツ・バイ・シェラトン」
  • Design Hotels「デザインホテル」

f:id:sasasan3:20170608000855j:plain

ウェスティン、シェラトンが代表的なホテルでしょうか?個人的にはデザインホテルでもある「W」もオシャレでおすすめできるホテルです。

f:id:sasasan3:20170608001018j:plain

2017年5月シドニーに旅行に行った際にシェラトンオンザパークに宿泊してきましたが、とても素晴らしいホテルでした!!

sasamiler.net

2017年には中国の広州にあるウェスティン広州」にも宿泊してきました。ゴールドエリートでもしっかりと高層階へアップグレードしていただきました。

マリオット・インターナショナル

  • マリオット
  • ザ・リッツ・カールトン
  • ルネッサンス
  • オートグラフ コレクション
  • コートヤード・バイ・マリオット
  • JWマリオット
  • エディション
  • マリオット・バケーション・クラブ
  • デルタ
  • ゲイロード
  • スプリング・スイート
  • プロテア
  • フェアフィールド・イン&スイート
  • AC
  • モクシー
  • マリオット・エグゼクティブ・アパートメント
  • レジデンス・イン
  • タウンプレース・スイート

f:id:sasasan3:20180319002208j:plain

f:id:sasasan3:20180408225724j:plain

こちらはザ・リッツ・カールトン東京に滞在したときの写真です。スイートにアップグレードしてもらって最高でした!

2018年の年明けより「プラチナチャレンジ」を利用して様々なマリオット系列のホテルに滞在してきました。

どのホテルも非常に素晴らしいホテルとなっています。

SPGアメックス(AMEX)カードの超絶メリット

ではSPGアメックスの魅力、メリットとはどんなものなのか?

1つずつ解説をしていきたいと思います。

SPGアメックスを所持しておくだけで、ゴールドエリート会員資格が自動付帯!

どこのホテルブランドでも、宿泊数に応じて各種ステータスというものがあります。

簡単に言えば、お得意様に対しては特別なサービスをするということです。

マリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンでも宿泊数に応じて各ステータスがあります。

2018年7月までは3ブランドそれぞれのステータスがありそれぞれの特色がありましたが、2018年8月18日より1つのプログラムとなり3ホテルブランドとも共通のステータス制度に変わっています。

マリオットグループの最新の各ステータス(エリート)の特典はこちら。

一般会員 シルバー

エリート

ゴールド

エリート

プラチナ

エリート

プラチナ

プレミア

エリート

プラチナ

プレミア

エリート

アンバサダー

無料インターネットアクセス
会員料金
モバイルチェックイン
完全予約保証
ポイントボーナス 10% 25% 50% 75% 75%
レイトチェックアウト 午後2時 午後4時 午後4時 午後4時
エリート専用予約
ウェルカムギフト ポイント ポイント ポイントor

無料朝食or

アメニティ

ポイントor

無料朝食or

アメニティ

ポイントor

無料朝食or

アメニティ

アップグレード 一部スイート含む 一部スイート含む 一部スイート含む
ラウンジアクセス
ルームタイプ保証
48時間前予約保証
アンバサダーサービス
Your24
エリート資格の各条件 10~24泊 25~49泊 50~74泊 75~99泊 100泊+$20,000

SPGアメックスを所持することによって、「ゴールドエリート」の会員資格が自動付帯されるようになります。

ちなみに普通に「ゴールドエリート」の資格を得ようとした場合、年間に25泊以上しないとなれない上級会員資格となっています。

ゴールドエリートによって得られるベネフィットのまとめはこちら。

  1. インターネットの無料利用
  2. 会員料金
  3. モバイルチェックイン
  4. 完全予約保証
  5. ポイントボーナス(25%)
  6. レイトチェックアウト(午後2時、ただしホテルの状況による)
  7. 専用予約ライン
  8. ウェルカムギフト(ポイント)
  9. 客室アップグレード(基本同グレードの高層階など)

この9つのベネフィットの中でも特にメリットとなるのは、ポイントボーナス、レイトチェックアウト、ウェルカムギフト、アップグレードの4つが素晴らしいポイントとなります。

ホテル滞在をする場合においてかなり嬉しいのが2つ。

  • レイトチェックアウト
  • アップグレード

となります。私も実際に旅行の際などには、この2つが非常に嬉しいメリットとなります。ホテル滞在はギリギリまで楽しみたいものであり、更にアップグレードについては通常料金ながらもそれよりも良い部屋にしてくれるからです。

ゴールド資格のアップグレードは?

具体的にゴールドエリートにおける公式のアップグレードについての回答がこちら。
ゴールドエリート会員のお客様は、より望ましい客室へのアップグレードをご利用いただけます (人気のビュー、高層階、リニューアル済み)。
また、プラチナエリートおよびプラチナプレミアエリート会員のお客様は、セレクトスイートを含むより望ましい客室へのアップグレードをご利用いただけます。
基本的には、同グレードで高層階、人気のビュー、リニューアル済みなどといったアップグレードとなります。
ただし、2018年3月に宿泊したザ・リッツ・カールトン東京ではこんなこともありました。
こちらですが、クラブフロアの一番安い部屋の宿泊にてスイートにアップグレードとなりました。
当方、SPGアメックス所持によるマリオットゴールドエリートにも関わらず。
旧プログラムでもゴールドエリートのアップグレードについては同じ条件となります。
ただし、こちらは旧プログラムでのアップなので最新状況についてはどうなるかは分かりません。

そして、SPGアメックス保有者には毎年5泊分の宿泊実績が付きます。

これはエリート資格を得るためには何泊もしていかないといけないのですが、5泊分が付くので宿泊実績が足された条件でスタートができるようになっています。

50泊以上すれば、ゴールドエリートの1つ上の「プラチナエリート」になることが可能です。

プラチナエリートであれば、更に強烈なメリットにパワーアップします。

私はというと「プラチナプレミアエリート」の資格を持っています。これは、旧プログラム時に「プラチナチャレンジ」という方法を利用して得たものになります。

朝食無料、スイート含むアップグレード、専用ラウンジの利用など強烈なメリットがあります。

SPGアメックス保有者は更新後の翌年より無料1泊宿泊特典がある!

SPGアメックスを利用しているユーザーで、翌年度から毎年更新するたびに世界各国の50,000ポイント以内のホテルに無料で1泊宿泊する特典が付くようになります。

毎年1泊無料特典が付いてくるのは強烈なメリットとなります。

そしてその無料宿泊特典ですがいくつかの条件がありますので、個別に解説していきたいと思います。

1.スタンダードルーム1泊につき2名までOK

スタンダードルームに1泊無料で宿泊が可能で基本的に1部屋2名までOKです。

ホテルの条件にもよりますがベッドの追加が必要ない(添い寝)の子供であれば無料となります。

ただし、各ホテルによって添い寝の子供の年齢条件に違いがあるので確認を必ずしてください。

2.マリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンで50,000ポイント以内のホテルであればOK!

統合前の無料宿泊特典の条件は、「カテゴリー6のSPGのホテル」というのが条件でした。

統合後の条件は3ブランド(マリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトン)で50,000ポイント以内であればOKになります。

50,000ポイントというのは、カテゴリー6(スタンダード)、カテゴリー7(オフピーク)までが該当します。

ホテルカテゴリーによる必要ポイント数についてはこちら。

カテゴリー スタンダード オフピーク オフピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

※赤字の部分が無料宿泊に利用できるカテゴリー及び、時期となります。

仮に2019年のゴールデンウィークのハワイのシェラトンワイキキを例に見てみましょう。

シェラトン・ワイキキは「カテゴリー6」に該当します。

こちらのお部屋ですが、無料宿泊に必要なポイント数は50,000ポイントといるので無料1泊宿泊特典の枠に収まるようになります。

普通に見積もりをした場合、$440.07となります。仮に1ドル110円だとすると48,407円が1泊の値段になりますね。

それが1泊無料で宿泊が可能となります。

SPGの年会費は31,000円(税抜)ですが、それを上回る料金のホテルに無料で宿泊ができてしまうわけなのでどれだけお得なのかが分かるかと思います。

無料宿泊の際のポイント

無料宿泊特典の条件で50,000ポイント以内になります。
ホテルカテゴリーによってはもっと低いポイント数のところもあります。
50,000ポイント以内というのは分割はできないので低いカテゴリーで利用するのは損というわけですね。
少しでも得をしたいという方は、ギリギリの50,000ポイントのホテルを利用するようにしてください。

 

3.SPGアメックスの無料宿泊特典には対象除外日がない(ブラックアウトがない)

これはどんな繁忙期(正月や、祭日、クリスマスなど)であっても空室さえあれば予約が可能という意味になります。

ちなみにホテルの宿泊料というものは一定ではありません。繁忙期になればなるほど宿泊料が上がります。

逆に閑散期であれば、宿泊料は下がる傾向となります。

つまり「一番高い時期(繁忙期)の宿泊に無料宿泊の特典を利用するのが一番お得!」ということになりますね。

例えばお正月に東京ディズニーランドで過ごすのであれば、近くの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」があります。

こちらに1泊するとします。

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」のカテゴリーは6に該当します。

【2018年1月2日チェックイン:3日チェックアウトの場合】

f:id:sasasan3:20170608010650j:plain

スタンダードルームだと1泊57,333円かかります。

このようなタイミングであっても空室さえあれば、無料宿泊特典が利用できるようになっています。

4.無料宿泊特典の有効期限について

こちらは特典が付与された月から翌年の同月末日まで!(約13か月)となります。

約1年となりますので、ゆとりをもって計画を立てることをおすすめします。

SPG、マリオットホテル内のレストラン、バー利用が15%オフとポイント付与

こちらはSPG、マリオットのホテルで「アジア・パシフィック地域」の直営レストラン、バー、ラウンジを利用の際、SPGアメックスに自動付帯する「ゴールドエリート」の提示で15%オフの割引を受けることが出来るようになっています。

それと対象レストランで10米ドル(税・サービス除く)以上の利用であれば、1米ドルにつき最大で10ポイントが貰えます。

実はこの制度はマリオットやザ・リッツ・カールトンでは対象外となっていましたが、新プログラムではSPGの制度が採用となりました。

つまり3つのブランドで上記の特典が得られるようになったわけです。これ結構メリット抜群ですよ!

それと日本国内のSPG参加ホテルでのSPGアメックスの提示利用による15%OFFも引き続き継続となっています。

ただし、日本国内の15%OFFはアルコールは対象外となります。

アメックスカードに付帯するサービスも自動付帯されます

こちらはアメックスカードに付帯するサービスとなりますので、こちらも利用が可能となります。

アメックスの付帯サービス

空港ラウンジの利用

国内外の空港ラウンジを、ご同伴の方1名様と共に無料でご利用いただけます。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からのご帰国時に空港からご自宅まで、カード会員お1人様につきスーツケース1個を無料で配送いたします。(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)

最高1億円(*1)の旅行傷害保険が付帯「旅行傷害保険」

海外旅行・国内旅行の際、航空券やパッケージ・ツアーなどをスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードでお支払いいただくと、旅行傷害保険が付帯されます。
(*1)基本カード会員ご本人様の海外旅行傷害の傷害死亡・後遺障害保険金となります。

航空便遅延費用補償

基本カード会員ご本人様が海外にお出かけの際、航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償いたします。また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償いたします。

オーバーシーズ・アシスト

レストランのご予約から緊急時のご相談まで、電話で対応いたします。世界中のほとんどの国から24時間通話料無料またはコレクトコールでご連絡いただけます。

キャンセル・プロテクション

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、怪我による入院等で、コンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用等の損害を補償します。

オンライン・プロテクション

インターネット上での不正使用による損害を全額補償。安心してオンライン・ショッピングをお楽しみいただけます。

リターン・プロテクション

アメリカン・エキスプレスのカードでご購入いただいた商品の返品を万一購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内の商品の購入金額を払い戻しいたします。
※1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額までとなります。

ショッピング・プロテクション®

国内、海外を問わずスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードでお求めのほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、お一人様年間最高500万円まで補償いたします。
※免責金額:1事故につき1万円

個人的にこの中で非常にメリットを感じるのは、海外旅行保険、帰りのスーツケースの無料配送、ラウンジの無料利用などがお得でしょうか?

また、海外の旅行保険(カード付帯のもの)で意外とついていないものがキャンセルプロテクションです。

こちらは病気等でいけない場合、1000円もしくは10%(最大10万円)が戻ってきます。

それとリターンプロテクションもついてないものが多いです。こちらは店舗が返品に応じない場合、アメックスに返送すれば、その金額が戻ってきます。ただし、未使用品であることと、90日以内、1商品につき3万までで、年間15万円までとなっています。

SPGアメックスで貯まるポイントはホテル、マイルと利用価値が高い

SPGアメックスのメリットについて紹介してきました。

次に注目したいのはSPGアメックスで貯まる「ポイント」の価値について紹介したいと思います。

実はSPGアメックスで貯まるポイントというのは、ホテルだけの利用に留まりません。実は陸マイラーにとっては非常にありがたいのがマイルにも交換ができるというメリットがあります。

それでは早速解説していきましょう!

1.ポイントについて

SPGアメックスでは利用ごとにポイントが貯まります。

100円につき3ポイントです。

こちらは旧スターポイントが100円につき1スターポイント貯まるシステムとなっており、1スターポイント=3ポイントの価値があります。

前と同じ価値分のポイントが貯まるということは変わっておりません。

更に2018年12月31日までとなりますが対象となるホテルの宿泊費、直営レストラン、バー、ラウンジ、オンラインショッピングでの支払いであれば100円=6ポイントが貯まります。

こちらも旧プログラムにあったキャンペーンを引き継いだ形で継続となっています。

2019年以降の延長は未定ですが、年内はどんどん利用していった方がいいですね。

ポイントの期限は1年半の間にポイント取得が無い場合に、休眠扱いとなり失効します。

ということは年に100円使用すれば、ポイントが永続的に貯まっていくことになります。

2.SPG、マリオットのホテル宿泊でポイント使用

ポイントはホテルの宿泊に利用することが出来ます。

ホテルカテゴリーによる必要ポイント数についてはこちら。

カテゴリー スタンダード オフピーク オフピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

先ほどの無料宿泊特典で紹介した表と同じです。

こちらはスタンダードルームで必要となるポイント数となります。

2018年12月31日までの予約であれば、すべてスタンダードが適用されるようになります。

ポイント利用宿泊はネット、アプリからよりも専用デスクに問い合わせがおすすめ

ポイント利用の宿泊の場合ですが利用方法は2つあります。

  • ネットやアプリからの予約
  • 専用デスクからの予約

ネットからであれば簡単に利用が出来るようになっていますが、実は専用デスクからの方が選択肢が多くなります。

(場合によっては、ネットに掲載されない部屋もあります!)

一例としてグアムの「ウェスティンリゾートグアム」を見てみましょう!

(こちらは2017年時のものなので表記はスターポイントとなります)

まずはネットで検索をかけるとこうです。

f:id:sasasan3:20170927112444p:plain

こちらがパーシャルオーシャンビューのルームで14,000スターポイント。

無料宿泊はコチラのタイプしか出てこないんですね。

実際にデスクで提案を受けたのはこの3つ!

  • パーシャルオーシャンビュー:12,000スターポイント
  • デラックスルーム:14,500スターポイント
  • ロイヤルビーチクラブ/エグゼクティブスイート:24,000スターポイント

ネットとは全然違うのが分かると思います。

「ウェスティンリゾートグアム」はカテゴリー5なので、消費するスターポイントは12000P~16000Pとなっているので、上記2つの提示はなんとなく分かります。

しかし、スイートルームの提示もあるというのは、デスクに電話しないと分からないことなんですよね。

ロイヤルビーチクラブ/エグゼクティブスイートはこんな感じです。

f:id:sasasan3:20170927113039p:plain

スターポイント利用の宿泊についての記載もないですね。

こちらは最上階のスイートルームとなっておりラウンジアクセスや、ビーチでのガバナ利用など至れり尽くせりとなっています。

こちらですが、実際にエグゼクティブスイートにポイント利用で宿泊をしてきました!!

こんな贅沢なスイート滞在が24,000スターポイントで宿泊が出来ちゃうのは非常にお得ですね。

3.キャッシュ&ポイント

キャッシュ&ポイントとは、一部のポイントを利用して更に現金も利用して宿泊します。その際、すべてのポイント利用よりもポイント数は少なく、現金も通常の現金のみの宿泊よりもかなり安く泊まれるようになっています。

また、キャッシュ&ポイントでの宿泊の条件はポイント利用での宿泊とは異なります。

  • 対象客室の拡大(ホテルによってはスイートも対象になります)
  • ブラックアウトがある

この2点だけは注意するようにしてください。

4.ANAマイル、JALマイルなら1.25%でマイルに交換が可能!

SPGアメックスで貯めたポイントは30社以上ある提携航空会社のマイルに交換が可能となっています。

マイレージプログラム 移行比率(ポイント:マイル)
エーゲ航空 3:1
アエロメヒコ航空クラブプレミア 3:1
アエロプラン/エアカナダ航空 3:1
エアベルリン 3:1
中国国際航空コンパニオン 3:1
ニュージーランド航空エアポインツ 65:1
アラスカ航空マイレージプラン 3:1
アリタリア航空ミッレミリア 3:1
ANAマイレージクラブ(全日空) 3:1
アメリカン航空AAdvantage 3:1
アジア・マイル 3:1
アシアナ航空 3:1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ 3:1
中国東方航空 3:1
中国南方航空スカイパールクラブ 3:1
デルタ航空スカイマイル 3:1
エミレーツ・スカイワーズ 3:1
エティハド航空 3:1
フライングブルー 3:1
ゴル航空スマイルズ 6:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 3:1
イベリアプラス 3:1
日本航空(JAL)マイレージバンク 3:1
ジェットエアウェイズ 3:1
大韓航空 3:1
ラタム航空ラタムパス 3:4.5
アヴィアンカ航空のLifeMiles®(ライフマイル) 3:1
マイルズ&モア 3:1
カタール航空 3:1
サウジアラビア航空 3:1
シンガポール航空クリスフライヤー 3:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 6:1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ 3:1
ヴァージンオーストラリア 3:1

ANA、JAL共に3:1で交換が可能です。3:1と聞くと価値が減っているかのように思いますが、100円で3ポイントなので実質1:1と同義となります。(旧スターポイントの方が計算がしやすかったですね笑)

そしてここからが重要ポイント!!

ANA、JALへのマイル交換の場合に下記の条件が重要なポイントです。

60,000P以上の交換の場合、ポイントが追加で15,000Pがボーナスポイントとして加算されます。

つまり還元率1.25%でマイルに交換ができるということです!

JALマイルを貯めるマイラーであれば、クレジットカード利用で最もマイルが貯まるのがSPGアメックスとなります。

※JALカードの場合、1%還元なのでSPGアメックスの方がマイルが貯まります。

5.2018年12月31日までであればSPGアメックス利用でホテル宿泊のポイントはガンガン貯まる!

100円利用で3ポイントが基本となっていますが、2018年12月31日までであればホテル利用で100円利用で6ポイントとなります。

仮に200米ドルのSPG、マリオットホテルに1泊したい場合に貯まるポイントはこうなります。

  • 通常宿泊でのポイント:2,000ポイント
  • ゴールドエリート25%ボーナス:500ポイント
  • SPGアメックス支払いでのポイント:1,200ポイント
  • ウェルカムギフト:500ポイント(250ポイント:ホテルによる)

合計は4,200ポイントになります。

ANAマイル、JALマイルへの交換は20,000ポイントで1.25%交換なので、実質1,750マイルが貯まります。

ということは実質8.75%還元でマイルに変わるという強烈な還元率になります。

※ウェルカムギフトをポイント選択して500ポイントの場合

ブリティッシュエアウェイズのBAマイルをクレジットカードで貯められるのがSPGアメックス!

BAマイルはフライト、バイマイルでしか貯めることが出来ないのですが、実はこのSPGアメックスのポイントからマイル交換ができます。

ANA、JALと同じように3:1でマイル交換が可能となります。

これめちゃくちゃメリットがあるんです。

というのはこちら。

簡単に書くとJAL特典航空券がBAマイルでもとることが出来るんです。

それもJALマイルよりも少ないマイル数で。

そんな魅力的なマイルをクレジットカードで貯められるというのは強烈なメリットなわけです。

国内旅行を最も少ないマイル数で楽しめるブリティッシュエアウェイズのBAマイルに交換がお得!

SPGアメックスのデメリットについて

こんな素晴らしいSPGアメックスですが、デメリットというとこちら。

年会費31,000円(税抜き)という高額な年会費です。

しかし、実際にSPGアメックスを利用してみたら分かりますが正直この年会費は安いです。

  • 各ホテルでの優遇
  • ポイントの絶対的価値
  • 翌年度からの1泊無料(正直これだけで、年会費以上の価値があります)

たったの31,000円(税抜)でこれだけのメリットがあるのであれば、マイラーやホテラーの間でも大人気なのも納得ですね。

ちなみに追加(家族)カードは15,500円(税抜き)とこちらも高額です。

正直、こちらに関しては家族カードを持つメリットは全くありません。家族でもう一枚持つのであれば、別途こちらのカードを新しく発行して持った方がとてもお得だと思います。

すべての旅行者、ホテル好き、マイラーなら所持しない理由はない

あなたが旅行に対してどのような考えを持っているのかによって、選ぶクレジットカードというのは変わってきます。

ANAマイルを貯めることに対して最重要視している方は、ANAVISAワイドゴールドカードの方が還元率が高いのでそちらをおすすめます。

しかし、ANAマイルは陸マイラーであるならば年間22万マイルは貯められるようになります。

マイルに困らないという状況であれば次は何を考えるべきでしょうか?

その次はというと「滞在するホテル」の付加価値を重要視すべきと私は考えます。

飛行機という足は陸マイラー活動で何とでもなってくるので、次はやはり滞在先のホテルの充実というところで旅の満喫度はかなり変わってくるものと思われます。

そういった意味でも、SPGアメックスの方が大変魅力を感じることと思います。

マイルは陸で貯めることはできるけど、ホテルポイントは貯められない!だからこそクレジットカードはホテル主体にすべき!!

紹介からの発行が最もお得!紹介で36,000ポイントを貰おう!

SPGアメックスを発行する一番お得な方法は「紹介による発行」となります。

公式サイトからの入会発行だと貰える特典はこちら。

  • 初年度年会費31000円(税抜き)
  • 入会後3か月以内で10万円の利用で30,000ポイント

紹介からの入会発行だとこうなります。

  • 初年度年会費31000円(税抜き)
  • 入会後3か月以内で10万円の利用で36,000ポイント

条件は変わりませんが、6,000ポイント多くもらえます。

更に10万円の利用で、3,000ポイントも貯まりますね。

つまり、合計で39,000ポイントが貯まります。

是非この機会にSPGアメックスを発行してみたい!もしくは、検討している方は下記問い合わせから申込みをしていただければすぐに紹介させていただきます。

基本24時間以内に返信対応させていただきます。

また申込みの依頼を大変多くいただいているのですが、くれぐれもメールアドレスの記入ミスにはご注意ください。24時間以内に返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡を頂けると幸いです。

まとめ

これだけのメリットがあるのがSPGアメックスとなります。

そしてプログラム統合により、細かい部分が変わってきています。

何よりも強烈なものは、ポイントの価値にあると私は考えています。もちろん、SPGアメックスを所持することによって得られる「ゴールドエリート」の魅力もメリットの一つでもあります。

私の場合は陸マイラーなので、マイルについては困っていません。

(ちょっと足りないときには交換することも考えますけどね笑)

基本は、SPG、マリオットの宿泊にポイントを充てることがメインとなります。

好きところにマイルで旅行ができるようになったら、次はホテルライフを充実させることが一番なんじゃないでしょうか?

私は2017年よりSPGアメックスをフル活用していますが本当に旅というものがワンランクもツーランクもアップしたように思います。

滞在する先々でアップグレードを受けたり、各種優遇を受けて本当に満足しています。

あなたもSPGアメックスでホテルライフを楽しんでみてはいかかでしょうか?

きっと素敵なコトが待ってますよ。

本日もありがとうございました!

SPG、マリオットを更に知りたい人はこちらご覧ください。

 

プリンスホテルに無料で宿泊!年間24万プリンスポイントを貯める方法の全貌とは?

皆さんはプリンスホテルに無料で宿泊できる方法をご存知ですか?

誰でも簡単に実現できる裏ワザがあります。

  • プリンスホテルのスイートに宿泊
  • プリンスポイントは無料で貯められる
  • プリンスポイントの裏ワザな貯め方

そんなプリンスポイントを爆発的に貯める方法の全貌を大公開しちゃいます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事