コートヤード・バイ・マリオット大阪本町宿泊記!駅近でアクセスがいいのがメリット!

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町宿泊記!駅近でアクセスがいいのがメリット!

こんにちは!sasasanです。

先日大阪出張に行ってきまして、その時宿泊したのがこちらのホテル。

コートヤード大阪本町です。

マリオットグループのホテルなのですが、立地も駅近で利便性の良いホテルとなっています。

早速ですが、本日はコートヤード大阪本町のルームレビューを中心に紹介していきたいと思います。

 

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町はマリオットブランドのホテル!ルーム数、施設などの詳細について

コートヤード大阪本町はマリオットグループに属しているホテルとなっています。

マリオットではホテルランクというものがあり、1~8のカテゴリーがあります。数字が高ければ高いほど高級なホテルの部類となります。

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町はというとカテゴリー5のホテルなんですよね。

ルーム内容 料金/ポイント宿泊
アンビシャス キング 24㎡/258ft² 10,260JPY /泊 30,000ポイント~ /泊
アンビシャス ダブル/ダブル 24㎡/258ft² 10,260JPY /泊 30,000ポイント~ /泊
コラボレーション キング 30㎡/323ft² 18,232JPY /泊
コラボレーション ダブル 30㎡/323ft² 18,232JPY /泊
マイティオーク スイート 54㎡/581ft²
コートヤードスイート 61㎡/656ft²

※スイートルームは検索で中々出てこないので空白とします。
※こちらは2月の金曜泊の安い日程のもので検索した料金です。
※コラボレーションキング/ダブルはプロモーション価格で朝食付きとなっています。

スイートルーム2室を含む平均25㎡の客室が全193室とかなり客室が多いホテルで、スイートルーム自体が2室しかないことから、ビジネスホテルに近いイメージといった感じです。

また、このホテルは全館禁煙となっており喫煙ルームが完備されています。

平日の安い日であれば、1万円を切って宿泊もできるのでかなりリーズナブルなホテル設定となるんじゃないでしょうか?

入り口を抜けていくとチェックインカウンターがあります。

こちらは24時間対応しているので、チェックインが遅くなっても問題ですね!

ロビー横のエレベーター前もとても清潔感がある空間演出となっています。

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町にはフィットネス、ランドリー、喫煙ルームも完備!

フィットネスジムが24時間利用が出来るようになっています。

また、それ以外にもコインランドリーも3台設置されておりこちらも24時間利用が可能。

  • 洗濯機:1回300円
  • 乾燥機:15分100円

こちらはルーム付けが出来ないので現金を準備していきましょう。

また全室禁煙となっているのですが、喫煙ルームが別途用意されているので喫煙者の方はそちらを利用して行きましょう。

フィットネス、コインランドリー、喫煙ルームはすべてB1にあります。

コートヤード大阪本町の行き方、アクセス方法

コートヤード大阪本町への行き方、アクセス方法を紹介します。

2-3-7, 南本町 大阪府 541-0054

06-6266-5580

最寄りの駅は、「堺筋本町」です。

歩いて1分位ですぐにホテルとなっており、とても立地が良いのが特徴ですね!

心斎橋も比較的近く、どこに行くにしてもアクセスは良いホテルです。

またすぐ近くには、超高級ホテルである「セントレジス大阪」もありますよ!

アンビシャス キングルームの詳細!かなり狭めだが、コンパクトにまとまってます

今回宿泊したルームはアンビシャス キングでした。

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町の全ルームの中でも一番狭いルームです。

では早速紹介していきますね!

こちらは玄関となっています。そしてここがなぜかそこそこ広かったです(笑)

パウダールーム内にトイレシンク、シャワールームもコンパクト

扉を開けて右側にパウダールーム、トイレ、シャワールームがあります。

トイレは個室になっているわけではなく、パウダールームの一部という感じになっていました(笑)

1人で宿泊をするなら別にこの程度でも問題はないですね。

少々手狭ですが、新しいホテルということもありとても綺麗でした。

右手側にアメニティ類、左手にグラス、下にはタオル、ドライヤー類、体重計とこの辺りはしっかりと揃っています。

続いてシンクの左側にはシャワールームがあります。

こちらのコートヤード大阪本町のアンビシャスのルームはバスタブが無い仕様となっています。

シャワールームは寝室から丸見えなのですがちゃんとロールカーテンもあるので、目隠しもできます。

そして天井にはレインシャワーがついています。この辺りはかなり新しい設備となっていました。

ベッドルームは非常にコンパクトだが、ソファとテーブルがある

そしてこちらがベッドルームとなっています。

シャワールームがロールカーテンをしていないと丸見えなのですが、逆に部屋が広く感じる仕様となっていますね!

ベッドはキングサイズのベッドでサイドボードは左右にちゃんとあります。

サイドボードには、電話、クロック、メモ帳がありました。

こちらで部屋の照明のオンオフもできるようになっており、USB、コンセントも完備しています。やはり、USBがあるのは非常に嬉しいですね。

そしてベッドの奥側にソファーとテーブル、そして冷蔵庫があります。

冷蔵庫の上には、ネスプレッソとポット、ミネラルウォーター2本があります。

テーブルは丸テーブルでテレビのリモコンがありました。

ソファーの手前にはネスプレッソがあります。4種類のポーションが楽しめるようになっています。

引出しをあけると中にはティーカップ、グラス類があります。

ビックリしたのは、このホテルではTWGの紅茶がありました!もっと普通のインスタントを想像していたのですが、かなり意外です(笑)

冷蔵庫の中には特に何もないので、自分で買ってきたものを冷やすというのが主な利用方法となるのではないでしょうか?

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町には大浴場がある!

コートヤード大阪本町は先ほども紹介した通り、一般ルームにはバスタブが無いんですよね。

やはりどうしても湯船に浸かりたくなりませんかね??

恐らくそういうことも想定しているのか、実は大浴場が完備されているんですよ!!

大浴場は2階にあり、立てかけの看板があるので分かると思います。

女性、男性にちゃんと分かれていますね。そしてルームキーをかざして入るシステムとなっています。

こちらが更衣室となっています。タオルですが、フェイスタオルのみ用意がされており、ちゃんとしたバスタオルは自身のルームから持っていく必要があるので注意してくださいね。

こちらにはドライヤー類、アメニティがセットされています。

こちらはメインの浴場となっています。結構広いのでのんびり浸かることが出来ますよ!

更に野外浴場も奥にあります。こちらはやはりちょっと狭いですが、外の空気がとても気持ちよくておすすめです!

大浴場にあるソープ類はTHANNのボトルがセットされています。

細かいところではありますが、さすがマリオットグループのホテルという感じがしました。

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町の大浴場利用条件について

【大浴場(2F)利用時間帯】

  • 5:00~24:00(ただし、12時~15時まではメンテナンスと清掃のため利用不可)

【利用条件詳細】

  • 部屋着で利用が可能
  • アクセスにはルームキーが必要
  • 入れ墨・タトゥーをしている方の利用は不可(ただし、カバーシールをしていれば利用可能)
  • バスタオルは設置していない(自身のルームよりタオルを持っていく必要あり)

利用時間や利用条件がありますので、しっかりとチェックしておいてくださいね!

コートヤード大阪本町の朝食レポ!高い?安い?美味しい??

コートヤード大阪本町の朝食はビュッフェ形式となっています。

価格はこのようになっています。

  • 前日までの申込み:3,025円(税抜)
  • 当日料金:3,872円(税抜)

なかなかのお値段となっています(笑)

また、同じ場所でランチやディナーを楽しむこともできますよ!!

各時間帯についてはこちら。

  • 朝食:6:30~10:00
  • ランチ:11:30~14:00(ラストオーダーは14:00)
  • ディナー:17:30~21:00(ラストオーダーは21:00)

私はというと、朝食ビュッフェを利用してきました。

こちらはなかなかのお値段ということもあり、オムレツをカスタムオーダーすることが出来るようになっています。

ホワイトオムレツなども注文出来ますし、具材も色々と選ぶことが出来るようになっています。

洋食がメインといった感じになっています。

ベーコン、ポテトなど定番ものもちゃんとありました。

こちらはサラダ類。ソースは3種類ありました。

シリアルは4種類です。

そしてカットされていないフルーツもあります。

カットフルーツや、ヨーグルトもあります。そして写真に写っていませんが、上段にはフルーツジュースがありました!

生ハム類、チーズもあります。その奥にはパン類もありますよ!

コートヤード大阪本町の朝食ビュッフェですが、ホテルのビュッフェとしては普通といった感じがしました。

個人的にはホテル料金だから仕方ないといえば仕方ないのですが、少々お高い感じでしたね(笑)

コートヤード大阪本町はビジネスホテルに近いホテル

実際に宿泊して思ったのは、ビジネスホテルに近いホテルだということでした。

バスタブが無いというのはちょっと残念だなぁと思う部分ですが、そこをカバーするために大浴場もあるというのは救いかもしれません。

ただ立地的には駅から本当に近いので利便性を考えるとアリなのかもしれません。

実はこの近くにはモクシ―大阪本町があります。

値段的にはどちらも近く、二つのホテルともホテルカテゴリー5となっていますね。

(なぜ近隣で同じような感じのホテルが2つも作ったのかは個人的には謎です)

ただ、ホテルコンセプトがモクシ―とコートヤードだとかなり違いますのでアリなのかもしれません。

遊び心を優先するならモクシ―だろうし、ビジネスら行くならコートヤードという感じなんでしょうかね(笑)

またコートヤード・バイ・マリオットのブランドホテルは新大阪にもあります。コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションですね。

同じくホテルカテゴリー5になります。

場所だけが違うのかなと一見思ったりもしますが、コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションの方が断然良いホテルとなっています。

その分宿泊費も大阪本町よりも高い設定となっていますけどね。

コートヤード大阪本町でマリオットのチタンエリートとしてのメリットはどうだったのか?

私はマリオットの会員で現在チタンエリートです。

基本的にはプラチナエリートと同じ特典となりますが、実際どうだったのかというこちらになります。

  • 高層階へのアップグレード
  • 朝食無料
  • レイトチェックアウト(16時)
  • カクテルタイムの利用

大きくこの3つがメリットとなっています。

今回のアップグレードは部屋のグレードは上がっておらず、高層階(16階)に上がっています。

そして一番大きいのは朝食無料でした。

次にレイトチェックアウトですが、実際にはその日は朝から仕事があったため利用はしていません。

更にカクテルタイムですが、その時間帯にはまだチェックインをしておらず利用できていませんが、コートヤード大阪本町にはラウンジがありません。

その代わりにバー&ラウンジ「M18]がありまして、こちらでカクテルアワーを楽しむことが出来ます。

17時~19時に開催しています。

コートヤード大阪本町でspgアメックスを所持している場合のメリット

ホテラーに大人気のクレジットカードといえばspgアメックスです。

こちらを持っているだけで、マリオットのゴールドエリートが自動付帯となる素晴らしいカードなんですよね。

その場合、コートヤード大阪本町で得られる特典はこちらです。

  • 高層階へのアップグレード
  • レイトチェックアウト(最大14時まで)

プラチナエリートに比べると見劣りしますが、特にレイトチェックアウトが利用できるのはとても便利ですよ!!

まとめ

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町は非常にコンパクトなホテルでした。

宿泊費も安いタイミングであれば、1万円前後で宿泊できるのでマリオット系列で安く抑えたい方だったり、ビジネス利用などであればおすすめできるホテルだと考えます。

立地がいいというのもメリットになりますよね!

特に心斎橋方面はとても近く、他のところも電車ですぐ行ける立地なのでおすすめですよ!

 

本日もありがとうございました!

 

大阪のマリオット系列のホテルをもっと知りたい人はこちら!

 

ANAアメックスで最大72,000ANAマイル貰える!公式には出てこない秘密のキャンペーン

【ANAアメックスで最大72,000ANAマイルを稼ぐ】

  • 最大実質3%還元でマイルが貯まる
  • ポイントも無期限

陸マイラーがマイルを大量に稼ぐ秘密のテクニックの1つがコレです!

実は公式サイトから調べても出てこないお得な方法があるんです!

あなたも今すぐチェック!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事